プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

朝倉未来「後藤祐樹は30秒、田中聖は20秒で倒す」1000万企画で見せるのは“喧嘩の天才っぷり”

『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』4人の挑戦者の印象を語った朝倉未来(C)Abema TV Inc.の画像

『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』4人の挑戦者の印象を語った朝倉未来(C)Abema TV Inc.

 格闘家の朝倉未来選手(29)が参戦するABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』(20日放送)。4人の挑戦者がすべて発表されたが、朝倉がそれぞれの相手の印象を語った動画が19日、YouTube「ABEMA 格闘CH【公式】」で公開された。

【動画】元KAT-TUN田中聖、再起かけ朝倉未来と“喧嘩”勝負へ

 同番組は、朝倉が自身のルーツでもある“ストリートファイト”を舞台に、衣服を着用したまま路上で戦う“喧嘩ルール”で全国から募集した喧嘩自慢を迎え討ち、朝倉に勝利すると賞金1000万円を獲得できる。

 挑戦者は全4人で、1人目は“会津伝説の喧嘩屋”久保田覚、2人目が元モーニング娘。後藤真希の弟で元タレントの後藤祐樹、3人目はBigbangウェルター級現役王者キックボクサーのモハン・ドラゴン。そして、4人目の挑戦者は元KAT-TUNの田中聖。

 朝倉は久保田について「彼が一番楽しみ。どのくらいの覚悟があるのか」と期待する。対戦相手の中で唯一、対面しているが「迷いと戸惑いと怯(おび)えみたいなのが見えたので、揺るがないタイプの子だと思っていたので、本番になったらどうなるのか」と予測しながら「ちょっと楽しみですね。“飛んでる”系の子だし、修羅場くぐってきた目をしてたんで、そこが気に入りました」と分析。最後は「30秒以内に倒します」と宣言した。

 2人目の後藤については、アイドル時代のキャリアは「知らなかったですけどね。姉弟でアイドルなんですか?」と興味なし。逮捕歴があるが「いろいろなことがあったっていうか、いろいろなことを自分で起こしただけですよね。被害的な言い方ですけど」と指摘し、今回の挑戦も「僕に挑戦することで世間的な評価を覆したいってことですか? 安直な考え方っぽい気がしますけどね」と切り捨てる。

 「戦いがどんなもんかでみんな判断するんじゃないですか。例えば一発(の打撃)で腹に効いて倒れたら、結局『自分に弱い人だったんだな』ってなるし。どれくらい根性があるかで印象が変わるかもしれないですね」と後藤に希望をもたせながら、「まぁ、30秒以内で」と強烈に畳み掛けた。

 3人目の現役王者・ドラゴンは「ここけっこうガチきたな。強い相手が来たんじゃないかな。危ない一発のある相手」と警戒心をのぞかせたが、「当たらないんじゃないですか? 問題ないですね。喧嘩の上手さを見せますよ。1分以内ですね」と一蹴する。

 最後の相手・田中については「詳しくは知らないですね」としながらも「KAT-TUNってすごいじゃないですか。だからそれなりにすごい人なんじゃないかなと思いますけど。結果を出してるんで」と、これまでのキャリアを評価する一面も。しかし「格闘技というか喧嘩は別の話なんで俺と対面してヤバさを感じることになると思いますけどね。俺のフィールドに入ってきたので、しっかり片付けたいと思います」と余裕を漂わせ、「20秒ですね」と最短KO時間を掲げた。

 4人との連戦について「ハードだし実力者も入っているのでリスクはあると思うんですけど、PPV買ってもらう視聴者に対して、俺がリスクをちょっとは背負わないと、面白くもないと思うので。本当にワンチャン負ける可能性もあるし、負けるのもこの企画としての深さが出ると思うので。面白くなるんじゃないですかね」と番組を盛り上げる目線も欠かさない朝倉。

 それでも最後は「相手どうこうよりも俺の喧嘩の上手さを見てもらいたいなと思ってます。わかるんじゃないですかね、俺の喧嘩の天才っぷりが」と溢れんばかりの自信をみなぎらせた。

●ABEMA PPV ONLINE LIVE『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』
配信日時:2021年11月20日 開場:後7:30 開始:後8:00
【通常チケット】
ブラウザ決済:ABEMAコイン3750コイン(4500円相当)
アプリ決済:ABEMAコイン4130コイン(4956円相当)
【「Go Toイベントキャンペーン」対象チケット】
ブラウザ決済:ABEMAコイン3000コイン(3600円相当)
アプリ決済:ABEMAコイン3310コイン(3972円相当)
見逃し配信期間:2021年11月30日 後11:59まで

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ