プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

加藤雅也、憔悴しきった父親を熱演 佐藤寛太が掴みかかる映画『軍艦少年』本編映像

父・玄海(加藤雅也)、息子・海星(佐藤寛太)=映画『軍艦少年』(12月10日公開) (C)2021『軍艦少年』製作委員会の画像

父・玄海(加藤雅也)、息子・海星(佐藤寛太)=映画『軍艦少年』(12月10日公開) (C)2021『軍艦少年』製作委員会

 劇団EXILEの佐藤寛太と、国内外で精力的に活動する俳優の加藤雅也が“親子”を演じる映画『軍艦少年』(12月10日公開)の本編映像の一部が初解禁された。それは、佐藤演じる主人公・坂本海星が、加藤雅也演じる主人公の父・玄海の胸ぐらを掴む重要なシーンとのことだ。

【動画】映画『軍艦少年』本編映像

 「ギャングキング」「セブン☆スター」などを執筆し、ヤンキー漫画のカリスマとして人気を誇る柳内大樹による同名青春漫画を実写映画化。母を亡くし、喧嘩(けんか)に明け暮れる海星と、妻を亡くして失意に沈み、酒に溺れる父。解禁されたシーンは、つらい出来事から逃れるために酒を浴びるように飲み続け、「この町出るか? どこか知らねえ所行ってよう」という父に、海星が「こっからも逃げんのかよ!」と掴みかかり、壁際まで押し込む。しかし、やり返す力もなく憔悴しきっている父親の不甲斐なさに、たまらず2階へ立ち去っていく。

 映画はこの後、父と母が生まれた軍艦島に二人の大切な物がある事を知った海星は軍艦島へ。一方、玄海は妻が祀られた仏壇に一通の知らない手紙がある事に気付き…。大切な家族を失った親子が生きる意味を見出していく、喪失と再生を描く物語。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ