プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

滝沢カレン、憧れの“映画女優”としての舞台あいさつに感無量「思っているよりうれしいです!」

憧れの“映画女優”に感無量だと語った滝沢カレン (C)ORICON NewS inc.の画像

憧れの“映画女優”に感無量だと語った滝沢カレン (C)ORICON NewS inc.

 モデルでタレントの滝沢カレンが19日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつに登壇した。女優として映画出演を果たした滝沢は「中学2年生のときに映画に出て、舞台あいさつに出るというのが夢だったので、きょうがかなわせていただいた日になりました」と、幼い日からの念願かなって感無量の表情を見せた。

【全身ショット】美しい立ち姿!透け感満載の衣装で登場した滝沢カレン

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年、2016年に続く第3作目にしてファイナルとなる。滝沢は今作からの参加で謎の美女・沙門夕磨を演じている。

 シリーズ“最後の初日”となるこの日、主演の生田斗真らメインキャストが“ゴールド”を身に着けたファッションで参加。滝沢はフリンジが印象的なシースルーのワンピースと白いロングブーツを着用し「私は腕と爪をゴールドにさせていただきました」と、さすがの着こなしでポイントを紹介した。

 改めて夢をかなえた心境を聞かれ「お客様も輝いていますし、右をみるとすばらしい光景で、自分がいることを想像していなかったので、きょうが思っているよりうれしいです!」と興奮ぎみ。だが、この喜びを誰に伝えたいか聞かれると「もう、ほとんど知りたい人には知られているので…大丈夫です」と“カレン節”も全開。今後は「まだまだ夢はあるので、これは夢の一歩。ここで縮まないように大きくしたいと思います」と瞳を輝かせながら、掲げていた。

 このほか、鈴木亮平、仲里依紗、堤真一、三池崇史監督、宮藤官九郎、MCはフジテレビの生田竜聖アナウンサーが担当した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ