プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

仲里依紗“お赤飯”イメージのピンクドレス「めでたいって感じのスタイル」

“お赤飯”イメージのピンクドレスで登場した仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.の画像

“お赤飯”イメージのピンクドレスで登場した仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.

 女優の仲里依紗が19日、都内で行われた主演映画『土竜の唄 FINAL』初日舞台あいさつに登壇した。“最後の初日”を迎えたこの日、お祭りムードということで衣装ゴールドをあしらったキャストが参加。仲は、ピンクに黒の水玉ドレス、青髪のド派手ヘア、金ピカのグローブ、ブーツで登場。会場を驚かせた。

【集合ショット】生田斗真もサングラス&金スーツで登壇!豪華キャストたち

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年、2016年に続く第3作目にしてファイナルとなる。仲は主人公で潜入捜査官・菊田玲二(生田斗真)の恋人・純奈を演じている。

 仲は「きょうは初日でおめでたいのでお赤飯みたいな感じ。イメージはお赤飯です」といい「ゴールドしばりなので、ブーツとグローブで。ギリギリまでつけていました」とこだわりを紹介。同席した鈴木亮平から「ゴールドじゃなくてピンク。ゴールドに目がいかないのよ。ピンクと青がすごすぎて…」とツッコミを受けるも、仲は笑いながら「めでたいって感じのスタイルです。お赤飯です、きょうは」と上機嫌。

 また、「『土竜の唄』が終わっちゃうのかなと、すごく寂しくて…。1作目、2作目と舞台あいさつに立たせていただいて、3作目が一番自分で感じるくらい派手なんです。『土竜』とともに私の衣装も成長してきたということで終わってほしくない。皆さん、FINALなので、もう1回劇場で観てほしいな、と思います」と呼びかけていた。

 一方、主演の生田斗真は“ド派手”な金のスーツにサングラスで登場。生田は「この日のために作っていただきました」と明かしつつも、「初日を迎えたにも関わらず、おめめのトラブルに遭ってしまいまして…、恥ずかしい格好で申し訳ないんですけど…」と苦笑しながら報告していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ