プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

日テレ辻岡義堂アナ&弘竜太郎アナ、宇宙飛行士試験に挑戦「心の鼓動が、ずっと高まり続けています!」

宇宙飛行士試験に挑戦する日本テレビアナウンサー(左から)辻岡義堂、弘竜太郎(C)日本テレビの画像

宇宙飛行士試験に挑戦する日本テレビアナウンサー(左から)辻岡義堂、弘竜太郎(C)日本テレビ

 日本テレビの辻岡義堂アナウンサー、弘竜太郎アナウンサーが、13年ぶりに行なわれるJAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙飛行士試験に挑戦すると19日、発表された。

【写真】宇宙飛行士試験に挑戦する辻岡義堂アナ、弘竜太郎アナ

 昨秋に、13年ぶりの宇宙飛行士候補者募集が行われることが発表になって以来、2人は募集要項の発表を心待ちにしていた。今回、宇宙飛行士候補者募集の「求める人物像」として、「ミッション参加により得た経験・体験・成果を世界中の人々と共有する表現力・発信力があり、それらを活用し人類の持続的な発展や次世代のために貢献する」という項目が加わったことで、2人は伝え手としてこれからの宇宙開発に貢献したいという想いを強くしている。

 「子供の頃から宇宙に行くことが夢だった」「宇宙から宇宙のいまを伝えたい」辻岡アナと弘アナ。 そして、伝え手としても「宇宙開発に貢献したい」という2人の夢と想い。日本テレビとしても2人の挑戦を支援し、さまざまな番組やWEBを通じて、日本初の「宇宙アナウンサー」への挑戦として発信していく。

 「宇宙アナウンサー」を目指す2人のチャレンジの様子を、日テレ公式YouTubeでも発信していく。第1弾は、宇宙飛行士募集にチャレンジを決めた「2人の想い」を届ける。

■各コメント

・辻岡義堂アナウンサー
ついに時代が動いた! 興奮しております。宇宙飛行士という夢への裾野が広がりました。空気のないところで空気を読むことはできるのか。宇宙空間をどのような言葉で表現していくのか。地球人以外へのインタビューは実現するのか。現役のアナウンサーとして、皆さまの情熱とともに宇宙開発に挑戦して参ります。

・弘竜太郎アナウンサー
『宇宙兄弟』を読み、 惚れ込んだ宇宙の世界。13年ぶりの新規宇宙飛行士募集の記事を目にした時、身体に電流が走りました。『宇宙兄弟』の南波日々人のように、最年少ムーンウォーカーを目指せるのか…!
アナウンサーの自分が月に降り立った時、どんな言葉が出てくるのか。
心の鼓動が、ずっと高まり続けています!

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ