プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

前川泰之、中山優馬の目を絶賛「ファンの皆さんは目にやられているんだろうな」 初共演の印象明かす

中山優馬の目を絶賛した前川泰之 (C)ORICON NewS inc.の画像

中山優馬の目を絶賛した前川泰之 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の中山優馬、前川泰之が18日、都内で行われた映画『189』(12月3日公開)の完成披露イベントに参加した。

【全身ショット】美脚がスラリ…グリーンドレスを着こなす夏菜

 中山は東京都の児童相談所で、虐待対策班に配属されたばかりの新米児童福祉司・坂本大河を演じ、大河の上司で共に児童を守る、多摩南児童虐待対策課課長・安川信弘役を前川が務める。

 前川は「僕が演じた安川は全体の輪を大切にする人間。新米で入ってきた大河に目をかけて、面倒を見る」と役どころを説明すると「現場でお会いした中山くんは、今回初めて共演させていただいた。とにかく実直な真っすぐな目をした人だった。きっと中山ファンの皆さんは目にやられているんだろうなと思う。彼そのものを見守るようなイメージで一緒にせていただいて、すごくやりやすかった」と印象を語っていた。

 タイトルの『189』は、年々増加する児童虐待から“いちはやく”子供を助けることができるよう設けられた児童相談所虐待対応ダイヤル“189”を意味する。ダイヤル“189”に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマとなる。

 この日は、夏菜、吉沢悠、灯敦生、太田結乃、滝川広志(コロッケ)、寺西拓人、降幡愛、加門幾生監督も参加した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ