プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

ザ・ドリフターズ、55年ぶり武道館に立つ ももクロ&東京03&かが屋とコントと歌で魅了

『ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~ produce byもリフのじかん』の模様(C)ニコニコの画像

『ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~ produce byもリフのじかん』の模様(C)ニコニコ

 ザ・ドリフターズとももいろクローバーZが出演するニコ生の番組『もりフのじかん』によるライブイベント『ドリフ&ももクロ ライブフェス~コントもあるョ!全員集合~ produce byもリフのじかん』が18日、東京・日本武道館にて開催。ドリフターズの3人が武道館に立つのは、1966年に行われたビートルズの来日公演での前座以来となったが、ももクロ、東京03・飯塚悟志らとともに歌ありコントありの楽しいひとときを過ごした。

【ライブ写真】歌とコントで…ドリフ&ももクロ&東京03が武道館で躍動

 冒頭は、ドリフターズ3人による歌唱から幕開け。会場からの惜しみない拍手に、加藤茶が「こんなにたくさんのお客さんが…うれしいなー。ありがとうございます! きょうは歌もあります。武道館のステージに立つのは55年ぶりです。(当時は)あと2人いたんです。いなくなっちゃったんですよね。上にいっちゃって、3人だけでも頑張ろうぜ。でもね、3人だけじゃあ心もとないので、いつもやっている仲間を呼びましょう」と、ももクロと飯塚を呼び込んだ。

 その後、全員での歌唱となったが、バックコーラスに飯塚の妻・藤田真由美が参加していることを受け、ドリフターズとももクロメンバーから夫婦共演をイジられ、会場からも拍手が送られる展開に。飯塚は「いい! いい! 何の拍手だよ(笑)。武道館で歌ったのは初めてです」と照れ笑いを浮かべた。会場のボルテージも上がったまま、ももクロのライブパートへと突入し、観客はさらに盛り上がっていった。

 コントパートは、飯塚作のドリフターズと飯塚による「金メダル」からスタート。場面転換中には、かが屋による「電車」が行われ、その後はももクロも参加した「お琴教室」、百田夏菜子・玉井詩織・佐々木彩夏とかが屋による豪華コラボ、高木ブー・仲本工業・高城れにによる「3人の雷様」、ゾフィー・上田航平作のももクロと飯塚によるコント「ただテンポがいいだけの人たち」と続き、武道館を笑いで包んでいった。

 ドリフターズのライブパートでは、仲本と高木がギター、加藤がドラムで、圧巻のパフォーマンスで魅了。ももクロ・飯塚・かが屋も合流し、恒例の「ドリフの早口言葉」を行っていった。その後は、ドリフターズとももクロのコラボパートに加えて、飯塚が妻のバックコーラスに乗せて、ひとりで歌唱を披露する場面も見られるなど、ぜいたくな時間が流れていった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ