プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

相葉雅紀『VS魂』主題歌が初公開 メンバー6人で『FNS歌謡祭』出演も決定

相葉雅紀『VS魂』主題歌が初公開 メンバー6人で『FNS歌謡祭』出演も決定(C)フジテレビの画像

相葉雅紀『VS魂』主題歌が初公開 メンバー6人で『FNS歌謡祭』出演も決定(C)フジテレビ

 人気グループ・嵐の相葉雅紀がキャプテンを務めるフジテレビ系バラエティー『VS魂』(毎週木曜 後7:00)内で、相葉、キャプテン補佐の風間俊介をはじめ、佐藤勝利(Sexy Zone)、藤井流星(ジャニーズWEST)、岸優太(King & Prince)、浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)の6人が歌うオリジナル主題歌が完成した。サンボマスターの山口隆が作詞・作曲を手がける「New Again! Again and Again!」で、18日の放送で初公開されたが、同曲を引っさげ、12月1日放送の『FNS歌謡祭』第1夜に6人全員が出演を果たす。

【写真】主題歌を手がけたサンボマスター・山口隆(中央)

 10月7日に放送された「反省会トーク」で、相葉が提案した「番組の主題歌を作りたい」という一言をきっかけに始動した『VS魂』主題歌プロジェクト。「この番組のテーマは“戦い”だし、視聴者の方たちも日々、何かと戦っている。そんな皆さんを、少しでも勇気づけることができたら」という相葉は、かねてから大ファンだというサンボマスターに曲作りを依頼することを決意した。

 その後、藤井と2人でサンボマスターのもとを訪ねて直接交渉するなど、熱い思いが実り、主題歌がついに完成。「何度でも新しくなれる」「未来と過去を/何度でも塗り替えて」といった前向きなメッセージが込められた、まさしく「すべての“戦う人”へ贈る応援歌」ともいうべき1曲に仕上がっている。この日の放送では、数日前にレコーディングを終えたという6人が一堂に会し、完成したばかりの楽曲を皆で初めて聴くことに。

 歌のレコーディングに初挑戦した風間が「(レコーディングスタッフから)びっくりするくらい褒められたの。“風間さん、完璧ですよ”って」と裏話を明かすと、ほかのメンバーは興味津々。「でも、“このままでもいいけど、せっかくだからもう1回録りましょう”って言われて。それが繰り返されて結局5回ぐらい録った」と笑わせた。

 そしていよいよ、同曲を初披露。レコーディング風景や、番組の対決の名場面が盛り込まれた映像とともに楽曲が公開された。聴き終えた6人は、口をそろえて「めっちゃいい曲!」と感激しきり。相葉が「録り直したい人いる?大丈夫?」と冗談交じりに向けると、全員が首を横に振り、岸は「全力を尽くしました!」と力強くアピール。さらに、「6人の声がいいバランスでしたね」(佐藤)、「どのグループの声に寄ってるわけでもなく、“この6人”の声になってますよね」(藤井)と、うれしそうに感想を語り合った。

 続いて相葉から、『FNS歌謡祭』第1夜生出演の決定が告げられると、ますます盛り上がる一同。しかし、音楽番組に出演するのは「18年ぶりくらい」という風間は「ありがとうございます…」と若干微妙な表情となる。緊張を紛らわせるためか、「だって浮所、『FNS(歌謡祭)』よ?」と、音楽番組初出演となる後輩に向けると、それまで立ち上がって「やったー!!」と喜んでいた浮所は、「確かに、(ジャニーズ)Jr.で『FNS歌謡祭』に出た人って、思い出す限りひとりもいないんですよ…」と神妙な口ぶりに。だが、相葉が「どうする?出る?」と確認すると、「出ます! 絶対出ます! 出させてください!!」と改めて意気込みをあらわにしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ