プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

一企業のトップがイタリアの映画祭で“最優秀男優賞”を受賞 上西雄大監督の新作

上西雄大監督(左)の新作『宮古島物語 ふたたヴィラ』が「ミラノ国際映画祭 2021」で外国語映画最優秀男優賞(柴山勝也/右)、外国語映画最優秀作品賞を受賞。中央は松原智恵子 (C)上西雄大の画像

上西雄大監督(左)の新作『宮古島物語 ふたたヴィラ』が「ミラノ国際映画祭 2021」で外国語映画最優秀男優賞(柴山勝也/右)、外国語映画最優秀作品賞を受賞。中央は松原智恵子 (C)上西雄大

 映画『ひとくず』などの上西雄大監督の新作『宮古島物語 ふたたヴィラ』が、イタリアで開催された「ミラノ国際映画祭 2021」(11月9日~12日)にて、外国語映画最優秀男優賞(柴山勝也)、外国語映画最優秀作品賞を受賞した。柴山は、大阪を中心に和歌山や沖縄、宮古島で、ホテルやヴィラなど不動産業を営む、株式会社リゾートライフの会長で、一企業のトップが外国語映画最優秀男優賞を受賞する快挙となった。

【画像】上西雄大監督の新作『宮古島物語 ふたたヴィラ』劇中カット

 同映画は、宮古島を舞台に、泊まれば心から願う再会を叶えてくれる「ふたたヴィラ」と呼ばれる小さなホテルに訪れる人物たちの葛藤や人情を描いた群像劇。柴山氏は、宮古島でリゾートヴィラやリゾートマンションを展開し、自称「宮古島移住仕掛人」。『ひとくず』を鑑賞して以来、上西と親交を持ち、宮古島に惚れ込んだ柴山氏の想いをもとに映画が企画された。

 主演は上西が務め、上西が主宰する映像劇団テンアンツのメンバー、徳竹未夏、古川藍、映画『ねばぎば 新世界』で上西とダブル主演した赤井英和。『西成ゴローの四億円』二部作(2022年順次公開)に出演している津田寛治や波岡一喜、『西成ゴローの四億円 死闘篇』で女優生活60周年にして関西弁で強い印象の防衛大臣という役どころに初めて挑んだ松原智恵子。映画『月はどっちに出ている』(1993年)で数々の映画賞を総なめにしたルビー・モレノも出演している。

 上西は、ミラノ国際映画祭と相性が良く、過去に短編『姉妹』、『ひとくず』も受賞しており、今回が3回(作)目となった。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ