プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

赤楚衛二、秘書の仕事の大変さを実感 映画『決戦は日曜日』新着写真

映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開)私設秘書・岩渕勇気役で赤楚衛二が出演(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会の画像

映画『決戦は日曜日』(2022年1月7日公開)私設秘書・岩渕勇気役で赤楚衛二が出演(C)2021「決戦は日曜日」製作委員会

 俳優・窪田正孝主演、とある地方都市で、突然父の地盤を引き継ぎ、衆議院選挙に出馬することになった世間知らずのド素人二世候補に振り回される前代未聞の選挙戦を描く、映画『決戦は日曜日』(2021年1月7日公開)より、議員候補の私設秘書・岩渕勇気役の赤楚衛二の場面写真3点が到着した。

【画像】映画『決戦は日曜日』より到着した赤楚衛二のカットはあと2枚

 昨年、『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京)で連続ドラマ単独主演を果たし、大いに注目集めた赤楚。映画『思い、思われ、ふり、ふられ』(20年、三木孝浩監督)、実写版『映像研には手を出すな!』(20年、英勉監督)、映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(21年、三池崇史監督)など出演作が次々と公開され、放送中のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ)にも出演中。

 『決戦は日曜日』では、主演の窪田、議員候補役の宮沢りえ、ともに初共演を果たし、どちらからも刺激を受けたそう。「窪田さんは声を掛けてくださり空気感を作ってくれるので一緒にいて居心地が良かったです。本当に頭の回転が速くて、監督や周りからの要望への切り替えの早さが印象的でした。宮沢さんは発光しているかのような輝きをお持ちで、芯が強い方ですよね。演説の長ぜりふのシーンを拝見させていただいたのですが、役を越えて感動してしまってただただ圧倒されました」と初共演の感想を語っている。

 自身の演じた岩渕勇気の役柄について監督と話した際に「若者代表のような役柄であってほしい」と言われ、赤楚は「選挙戦が進んでいく中で最終的にいろいろなことを吸収しつつも、受け入れないほうが悪いんじゃないか?と純粋がゆえに染まり切ってしまう。そんなところが窪田さん演じる谷村を悩ませていることを意識しました」と話す。監督の演出では、会話の中での言葉一つ一つのニュアンスを大切にしてねとアドバイスがあったことが印象に残っているとのこと。また、私設秘書を演じるにあたり仕事の内容を調べ、秘書の仕事の大変さを実感したという。

 劇中、川島ゆみ選挙事務所で講演会や地元の有力議員がある事件をきっかけに選挙戦の行く末に一喜一憂するシーンがある。このシーンが撮休明けに始まったので、ため込んだ周囲のパワーが爆発する圧が印象的だったと思い返す赤楚。「その中で闘っている宮沢さんもまたスゴイな…と改めて感じました。独特な雰囲気の中でのまったりした事務所のシーンとは違って、みなさんの圧が強かったです(笑)」。また、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真らが顔をそろえた秘書チームには、同世代との共演とは違った、リラックスした大人な空気感があったとも回想している。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ