プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

【カムカムエヴリバディ】第15回あらすじ 安子と稔の行く末が明らかに

『カムカムエヴリバディ』第15回より(C)NHKの画像

『カムカムエヴリバディ』第15回より(C)NHK

 女優の上白石萌音が初代ヒロインを担当する2021年後期連続テレビ小説 『カムカムエヴリバディ』(月~土 前8:00 総合/前 7:30 BS4K・BSプレミアム※土曜日は1週間の振り返り)。19日放送の第15回あらすじを紹介する。

【場面写真】2人の結婚に思わず笑みを浮かべる安子の父・母

 「たちばな」を訪れて安子の姿を見た千吉(段田安則)は、安子(上白石)こそ稔(松村北斗)を支えてくれる相手だと確信。進めていた銀行の頭取の娘との縁談を断り、2人の結婚を許した。

 杵太郎(大和田伸也)の忌中のため、ごく簡素ではあるものの、祝言をあげる。稔の出征まで2人が一緒に過ごせる時間は限られる中、この上なく幸せな時間を過ごすことになった。

 本作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀氏が、ラジオ英語講座と、あんこと野球とジャズと時代劇を題材に書き下ろすオリジナルストーリー。朝ドラ史上初となる3人のヒロイン、安子(やすこ)・るい・ひなたが、母から娘へとバトンをつなぎ、戦前から戦後、そして令和までの物語を紡いでいく。安子役は上白石、るい役を深津絵里、ひなた役を川栄李奈が演じる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ