プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

【ベストアーティスト】三代目JSB、ライブエンタメの復活願う 岩田剛典「生きがい」

『ベストアーティスト2021』に出演した三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE (C)日本テレビの画像

『ベストアーティスト2021』に出演した三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE (C)日本テレビ

 ダンス&ボーカルグループ・三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEが17日、日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2021』(後7:00~10:54)に出演。「O.R.I.O.N.」「R.Y.U.S.E.I.」を歌唱後にコメントを寄せた。

【写真】乃木坂46、BE:FIRSTら『ベストアーティスト』出演者取材フォト

 小林直己は「ファン投票で曲を選んでベストアルバムを発売したばかりなので、ベストアルバムで皆さんが選んだものを、ライブなど同じ空間で楽しめたらいいなと思います」と意欲。岩田剛典は「お客さんも最高に楽しめる状態でライブができる年になってほしいなと思っています。自分たちもライブが生きがいというところがあるので、来年はライブエンタテインメントが復活してほしいなと思っています」と強く願った。

――まずは、11年間でのグループや皆さんのターニングポイント・変化について教えてください。

【今市隆二】「R.Y.U.S.E.I.」だと思います。あの曲がなかったら自分たちの夢も叶えられなかったと思いますし、あの曲のおかげで認知してもらったと思います。

【小林直己】11月10日のデビュー日ですね。あの日があって今がありますし、そのときに見た景色が今でも焼き付いています。

【山下健二郎】(近年の趣味を生かした活動について)自分の好きなことがこの2、3年で仕事につながりだしたのですごくうれしいですし、自分が心から好きなものしか続けられないんだなと、やりたいことがより明確にできたので、今本当に強い意志で続けられていますね。

――グループとしての音楽面での変化はどのように感じていますか?

【ELLY】ソロでラップをやるようになって、三代目の楽曲に取り入れられるようになったのはよかったと思っています。三代目の楽曲を後押しといいますか、そういう楽曲にもチャレンジできるようになったのがよかったなと思っています。

――ソロ活動によってグループに変化を出せたこと、幅を広げられたことはありますか?

【登坂広臣】ソロ活動では各々やりたい音楽をやっていて、グループを意識せずそれぞれ追求していました。それぞれジャンルも違ったり幅が広いので、表現や音楽について同じグループの中で幅を持たせられたのはすごくいいことだなと思っています。

【今市】新曲の「Honey」もELLYのエッセンスが入ることでワールドミュージックのイメージが足されましたし、もともと三代目自体もいろんなジャンルをやってきましたが、それがさらに広がったイメージです。

――岩田さんもご自身のプロジェクトを始められましたね。

【岩田】新しいチャレンジをすることに否定的なメンバーが一人もいなくて励みになりましたし、他のメンバーが新しいチャレンジをする時は否定することもなく、常に戦友でもあります。(お互い)メンバーの背中を押したいと思いますね。

――NAOTOさんはリーダーの一人としてグループを見てきて、変化したことはありますか?

【NAOTO】デビュー当時は力が入っていた部分はあって、背負いこんだり、ちゃんとやらなきゃというものが出ていたかなと思います。(活動を)やっていく中で力を入れなくてもいいだろうと思うようになりましたし、(今は)各々がなにかしらのリーダーだと思うので、グループがしっかりまとまっているのかなと思います。

――来年に向けてやっていきたいことも教えてください。

【今市】グループとしては今年10周年イヤーにして、その区切りの年をまずやり切って。自分たち自身やりたい夢がたくさんあるので、(まだ)やっていないことを7人で頑張っていけたらと思います。

【小林】ファン投票で曲を選んでベストアルバムを発売したばかりなので、ベストアルバムで皆さんが選んだものを、ライブなど同じ空間で楽しめたらいいなと思います。

【岩田】お客さんも最高に楽しめる状態でライブができる年になってほしいなと思っています。自分たちもライブが生きがいというところがあるので、来年はライブエンタテインメントが復活してほしいなと思っています。

【NAOTO】今年少しずつライブをするようになって、一歩踏み出して光が見える状態で、自分たちの出番が来ているのかなと思います。皆さんの背中を押せるようなパフォーマンスを期待していてほしいですね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ