プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

【ベストアーティスト】Creepy Nuts初出演 「のびしろ」歌詞は「上手さが極まっている」

『ベストアーティスト』に初出演したCreepy Nuts(C)日本テレビの画像

『ベストアーティスト』に初出演したCreepy Nuts(C)日本テレビ

 Creepy Nutsが17日、日本テレビ系音楽特番『ベストアーティスト2021』(後7:00~10:54)に初出演。30歳の節目だからこそ書けたという楽曲「のびしろ」を、デビュー前の貴重映像をまじえてパフォーマンスした。

【写真】乃木坂46、BE:FIRSTら『ベストアーティスト』出演者取材フォト

■Creepy Nutsコメント

――来年はメジャーデビュー5周年、これまでのキャリアのターニングポイントは何ですか?

R-指定:ひとつに絞るのが難しいですね、1年1年にあって。

DJ松永:ターニングポイント選手権したいですね。メジャーデビューから4年間、投票を募りたいくらい難しいかもしれないです。

――「のびしろ」の注目ポイントを教えてください。

R-指定:歌詞ですかね。最近いろいろな物の見え方について変わってきたり、歳を重ねていくことに前向きな目線で見えてきていることも含めた歌詞になっているので、そこを見てほしいかなと思います。

DJ松永:僕も歌詞ですね。歌詞を上手な人(R-指定)が書いているので、上手さが極まっているなと思っています。トラックは歌詞を引き立たせるための土台なんで、歌詞です!

――2022年に向けて実現したいことはありますか?

R-指定:いろいろありますが、いいラップを作りたいですね。

DJ松永:やっぱりいい曲つくるのが第一課題だよね。

R-指定:もちろん自分たちが作っているものに自信はあるけれど、さらにもっといけるやろうなーってお互い思っているので。

DJ松永:毎作もう一伸びしたものを作らないと面白くないんだよね。変化だったり進化を自分の中で見つけたりしながら作らないと楽しくないので、来年も引き続きそうしていきたいですね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ