プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『最愛』NGシーンをそのまま放送 公式が説明「ハプニングもお芝居に取り入れる」

ドラマ『最愛』第5話の場面カット (C)TBSの画像

ドラマ『最愛』第5話の場面カット (C)TBS

 女優・吉高由里子が主演を務めるTBS系金曜ドラマ『最愛』(毎週金曜 後10:00)の公式ツイッターが16日、更新。第5話(12日放送)で“NGシーン”をそのまま採用したという裏話を披露している。

【写真49枚】実は“NG”が起きていた…アクアショップのシーン

 該当のシーンは、刑事となった大輝(松下洸平)が陸上部時代のチームメイト・長嶋(金井成大)の元を訪れ、久々の再会を果たす場面。長嶋が経営するアクアショップで水槽からひょっこりと顔を出した子どもと大輝と目が合う…という展開だった。

 公式ツイッターは、このシーンを切り取ったファンアートを引用リツイートする形で「このシーン、可愛いですよね 実はこのチラッとのぞくシーン、お子さんがカットがかかったと思って、のぞいてしまったNGだったのですが、かわいい!と採用された奇跡のほっこりキュンシーンなのです ハプニングもお芝居に取り入れる塚原監督です!」と紹介した。

 ファンからは「まさかのNGシーンだったのですね笑 大ちゃんとの目がバッチリ合ってたので芝居一部かと思いました」「お気に入りのアドリブシーンに挙げて下さってましたが、細かくことの経緯まで教えて頂きありがとうございます」「そうなんだ! ハプニングだったんですね~。何気ないシーンなのにすごい自然でちょっと印象に残ったシーンでした」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ