プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

老人を食い物にしてきた主人公が“獲物側”に!? 混沌とした様相を呈する『パーフェクト・ケア』

映画『パーフェクト・ケア』(12月3日より3週間限定公開&デジタル配信)キャラクタービジュアル(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reservedの画像

映画『パーフェクト・ケア』(12月3日より3週間限定公開&デジタル配信)キャラクタービジュアル(C)2020, BBP I Care A Lot, LLC. All rights reserved

 大胆不敵に、狡猾に、人を欺く悪いヤツなのに、なんだか目が離せない――ロザムンド・パイクが主演する映画『パーフェクト・ケア』(12月3日より全国劇場3週間限定上映&デジタル配信)より、最新ロング版予告&キャラクタービジュアルが解禁となった。

【動画】映画『パーフェクト・ケア』ロング予告

 デヴィッド・フィンチャー監督の映画『ゴーン・ガール』(2014年)で失踪した妻エイミーを怪演したロザムンド・パイクが本作で演じるのは、身寄りのない高齢者の資産を搾り取る悪徳後見人のマーラ。そんな彼女を窮地に追い込むくせ者たちが次々登場する本作。

 マーラの大胆なビジネスを裏で支えるパートナーのフラン(エイザ・ゴンザレス)が、“完璧なケア”を施す次の獲物として施設に強制連行した老女ジェニファー(ダイアン・ウィースト)をめぐり、マーラに脅しをかけるインチキ感満載のジェニファーの弁護士・ディーン(クリス・メッシーナ)、さらにはなぜか彼女を付け狙うロシアン・マフィアのボス・ローマン(ピーター・ディンクレイジ)が現れるる。

 原色のジャケットをまとい、いきなりの家庭訪問、動揺するジェニファーを強引にケアホームへと入居させたマーラは、勝手に家財を運び出してオークションにかけて私腹を肥やすなどやりたい放題。

 しかし、貸し金庫でとある宝石を手にすると、状況は一変。ジェニファーの弁護士を名乗るディーンから突如脅しをかけられたと思えば、そのさらに裏で完全にやばい雰囲気プンプンのロシアン・マフィアまでもが暗躍。老人を食い物にしてきたマーラが今度は獲物側に。薬で眠らされ車に押し込まれるや、そのまま崖下へ落とされて水中へ――。

 予期せぬ危険に巻き込まれたマーラは息つく暇もなく、物語はさらに予想だにしない展開へ。戸惑いを見せながらホームに入れられていたジェニファーは、か弱い老婦人の顔から一転、ただならぬ雰囲気を醸し出しつつ 「マズイことになりそうね」と不敵な笑みでマーラを挑発する。

 思わぬ伏兵に動揺しつつも、自分の悪事を棚に上げて、「私に“負け”はない あなたを絶対に手放さない 私が最強の絶対王者」と奮起する不屈のマーラ。ジェニファーの真の正体とは? 超クセの強い面々が繰り広げる、予想だにしないカオスな展開の結末とは?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ