プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“肝硬変”を明かしたブル中野、「破天荒なことをするのがカッコイイ」現役引退後に体を壊すレスラーたちへの思い

現役時代のブル中野(左)と、肝硬変で闘病中の様子(写真:本人提供)の画像

現役時代のブル中野(左)と、肝硬変で闘病中の様子(写真:本人提供)

 かつて最強(凶)のレスラーとして、女子プロレス界に君臨していたブル中野。そんな彼女が先日、アルコール性肝硬変で入院していたことを公表した。現在は53歳。引退後の過酷なダイエットと胃の手術を経て、“美魔女”と呼ばれることもあった彼女だが、実はその体はじわじわと蝕まれていた。現役時代からの過度な飲酒が与えた影響、そして病を克服したからこそ、伝えたいこととは?

【写真】「まるで別人!」最凶レスラーから美魔女、そして闘病…ブル中野の仰天の変遷

■腹水で膨張、仕事中に“おしめ”をする日々… それでも病院に行かなかった理由

 もともと酒が大好きな上に、以前は自分でバーも経営していたブル中野。レスラー現役時代は750mlの焼酎を1日で3本空けるなど、無理な飲み方が当たり前。引退後も毎日の深酒がたたり、ついに体を壊してしまったという。YouTubeチャンネル『ぶるちゃんねる』では、髪の毛が抜けたり皮膚がカサカサになったり、最終的には腹水でお腹が大きく膨らみ出したことを告白。見かねた夫に病院に連れて行かれ、2020年7月に肝硬変で入院していたことを公表した。

――肝硬変により、2020年の夏頃に入院することになったそうですが、その経緯を教えてください。

【ブル中野】入院して治療をしないといけないということは、実はかなり前から言われていたんです。ただ、仕事があってなかなか長期入院ができない状況だったので、そのまま病院に通うこと自体をやめてしまっていました。でも最終的には、咳をしただけで排泄物が出てしまうようになり、仕事中におしめをしていたこともあったんです。

――それはかなり大変な状況ですよね。

【ブル中野】旦那は毎日「病院に行こう」と言ってきて予約もしてくれたんですが、私が「行きたくない」と言って、騙し騙しの状態になっちゃっていて…。腹水で膨れたお腹を隠しながら生活してたんですが、ついに旦那に見つかってしまったんです。そこで一緒に病院に行って、そのまま入院することになりました。

――なぜこのタイミングで、病気を公表しようと思ったのでしょうか?

【ブル中野】毎週やらせていただいていたプロレスの興行の解説2つとMC、3つのテレビ番組がコロナによって一旦すべて休止になったんですよ。そこで入院に踏み切ったのですが、退院した後もまだ番組は休止中で。ただ、ほかにお酒を飲む仕事などがあったので、もうお酒は飲めないということはきちんと公表しておこうと思ったのが大きいです。YouTubeで「酒豪レスラーを発表する」という企画もちょうどあったので、このタイミングかなって。

――ずっと飲んでいたお酒をやめて、現在はどういった心境ですか?

【ブル中野】今までは、お酒を飲まない生活を想像できなかったです。ただ、入院をして2ヵ月くらい飲まない日々が続いたので、退院した後も飲みたいという気持ちはなくなっていました。お酒をやめたことで体は健康になっていくし、規則正しい生活ができるようになって。朝から晩まで時間を有意義に使えるし、とにかくいいことが増えましたね。

――これまではかなりお酒を飲んでいたようですが、アルコール依存症になるようなことはなかったですか?

【ブル中野】「このままいったら依存症になるだろうな」とは、自分でも思っていました。お酒を飲まない日がなかったですし、やめる気もなかったので、肝硬変にならなかったらまだ飲んでいたとも思います。健康状態が悪くなったからやめましたけど、お酒自体は大好きなので…(笑)。もしアルコール依存症になっていたとしても、自分ではわからなかったかもしれないですね。

――現役時代から、相当飲んでいたんですよね?

【ブル中野】もちろん入門当時は未成年なので飲めませんでしたが、生活していく中で無理やり飲まなければいけないときがあったり、しごきで飲まされたりもしたので、そこで鍛えられて強くなりましたね。

――やはり、飲まなくてはいけないことが多い?

【ブル中野】今はまったくなくなりましたが、昔はやっぱり多かったですね。今でも飲む人は自分で好きで飲んでいるとは思いますけど、強制とか無理やりみたいなことはなくなりました。

■糖尿病で足を切断、失明… 「破天荒なことをするのがカッコイイ」風潮の影響

――プロレスラーの方が、現役を引退してから体を壊してしまう…というニュースをよく目にする気がするのですが。

【ブル中野】昔の人はめちゃくちゃお酒を飲んでいたし、食べ放題飲み放題のような生活を毎日していたので…。糖尿病になって足を切断したり、目が見えなくなったりした人もいたし、肝臓などの内臓系を壊す人も多かったですね。「破天荒なことをするのがカッコイイ」とか、「普通の人がしないことをするのがレスラーだ」みたいな考えが、私たちの時代にはまだありました。

――周りからそういったことを求められる部分もあったでしょうしね。

【ブル中野】「我慢をするのが美学」「体の調子が悪くても気の持ちようでなんとかなる」みたいな考え方をする人が、昔は多かったです。でも、もうそんなことを言っている時代ではないですし、これから先の人生のほうが長いので、不調ならしっかりと治療をするべきだなって思います。

――病気を乗り越えたブルさんだからこそ、同じように健康に不安を抱える人に伝えたいことはありますか?

【ブル中野】病気になって一番感じたのは、「健康が何よりも大事」ということです。仕事のため、生活のため、お金のために、私は病院に行くことを先延ばしにしてしまった。でも、健康じゃなくなると結局は生活ができなくなってしまう。本当にそこがわかっていなかったなって、今は思います。

――誰しもが陥りがちなことですよね。

【ブル中野】治療をしなくてはいけないとわかっているんだけど、お酒を飲んで忘れようと思い、結局は逃げてしまった。そういったお酒の使い方は、やっぱりよくないですよね。お酒は悪いことばかりではなく、みんなで飲んだときに和気あいあいとするし、「ありがとう」とか普段言えないことが言いやすくなったりもする。でも、そういう大事なことは素面のときに言えるようにならなくてはいけないなとも思うようになりました。何に対しても、“逃げる”というのはダメなことですね。

――旦那さんが支えてくれたのも、大きいですよね。

【ブル中野】そうでうね。旦那はもちろん、家族や病院の先生、看護師さんたちが助けてくれたので、その人たちを裏切れないなっていう思いも強かったです。支えてくれる人、私が死んだら悲しんでくれる人がいるのなら、その人のためにも生きなくてはいけないと思いました。

■「生きていて気持ちがいい」内面的にも変化、盟友・ダンプ松本への心配も

――ブルさんといえば、悪役レスラーから美魔女への変貌が話題に。病気を経験したことで、美容に関しては何か変わったことは?

【ブル中野】お酒をやめ、規則正しい生活を送ることが美容や健康に一番いいということを改めて実感しています。ちゃんと夜に寝て朝起きるという、簡単で当たり前のことが本当にできていなかった。そういう生活をするだけで、外見どうこうよりも、生きていて気持ちがいいです。

――当たり前のことが結局は一番大切ですよね。

【ブル中野】朝の光を浴びる、花が咲いているのを見る…、そんなふうに自然を感じられる体になりました。今までは考えもしなかったし、何も感じなかったんですよね。周りの細かなところに目がいくようになったので、自分も綺麗でいようという思いが前よりも強くなりました。内面的にも、だんだん変わってきたんでしょうね。

――先日、ダンプ松本さんの還暦記念大会に行かれていたようですが、ダンプさんとはどんな話をしましたか?

【ブル中野】「美」に関しては、一切話してないです(笑)。でも、ダンプさんも還暦を迎えましたし、「健康に生きる」というのは共通の課題ですね。ダンプさんはまだプロレスをやっているので、100キロくらいの体重を維持しなくてはいけないけれど、もう膝や腰はボロボロで、立っているのがやっとのような状態なんです。

――長年の蓄積もあるでしょう。

【ブル中野】試合も、必死に頑張ってどうにか…という感じなので、本当に健康だけは気をつけてほしいです。ダンプさんも「昔みたいには飲めなくなった」とは言っていたので、そういうことを自分で感じられているのは良かったなって思いますね。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ