プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『相棒season20』第6話 被害者はミステリー作家、最終回の原稿が消えた!?

杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)=『相棒season20』第6話(11月17日放送)より (C)テレビ朝日の画像

杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)=『相棒season20』第6話(11月17日放送)より (C)テレビ朝日

 俳優の水谷豊、反町隆史のコンビで7年目に突入したテレビ朝日系人気ドラマ 『相棒 season20』(毎週水曜 後9:00~9:54)。17日放送の第6話「マイルール」は、大御所ミステリー作家の刺殺事件を追う。人気連載小説の最終回の原稿が消えた!? 被害者が描いたはずの“真犯人”とは!? 特命係が衝撃の結末をあぶりだす。

【動画】水谷豊&反町隆史、ORICON NEWS独占コメント

 “日本ミステリー界の第一人者”と評される小説家・福山光一郎(菅原大吉)が自宅で刺殺されているのが見つかった。財布から大金が抜き取られていたため強盗の犯行かと思われたが、臨場した特命係の杉下右京(水谷)と冠城亘(反町)は、福山が書き上げたばかりの原稿がなくなっていることに気づく。その原稿は、1年間にわたってミステリー雑誌で連載されてきた小説「運命の来たる日」の最終回で、主人公の老刑事が追い続けてきた真犯人“アンノウン”の正体が明かされているはずだった…。

 福山は、気に障ることがあると担当者どころか出版社まで変えてしまう横暴ぶりで有名だったが、大御所作家でありながら著作の宣伝には貪欲で、テレビ番組にも多数出演。しかし、そのたびに過激な発言を連発し殺害予告が届くほどの変わり者だった。 

 そんな中、右京は福山が寄稿したエッセイの中に興味深い一節があるのを発見する。福山は「運命の来たる日」について、「事実をもとにした完全なフィクション」であるとし、「完結した時、失われた事実があぶりだされるだろう」と綴っていたのだ。“失われた事実”とはいったいどういう意味なのか!? そんな中、亘は福山が壮絶な過去を背負っていたことをつかみ…!?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ