プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

キンプリ永瀬廉主演『真夜中乙女戦争』主題歌にビリー・アイリッシュ 本予告&コメント到着

永瀬廉主演『真夜中Z女戦争』のポスタービジュアルが完成(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会の画像

永瀬廉主演『真夜中Z女戦争』のポスタービジュアルが完成(C)2022「真夜中乙女戦争」製作委員会

人気グループ・King & Princeの永瀬廉が主演する映画『真夜中乙女戦争』(来年1月21日公開)の予告、ポスタービジュアルが解禁された。また、主題歌には史上最年少でグラミー賞の主要4部門に加え7冠の快挙を成し遂げた世界的歌姫ビリー・アイリッシュの今年7月に発売されたニュー・アルバムの表題曲「Happier Than Ever」に決定。このほど、ビリー、永瀬、共演の柄本佑、池田エライザからのコメントも到着した。

 今作は10代・20代を中心に圧倒的支持を受け、Amazonでは総合カテゴリでベストセラー1位を獲得した作家Fの初の小説を実写化。『チワワちゃん』(19)『とんかつDJアゲ太郎』(20)など話題作を手掛ける、二宮健監督のもと“平凡で退屈な日々を送る青年が自分自身と東京を破壊するまでの夜と恋と戦争”を描く。

【動画】『真夜中乙女戦争』予告&永瀬廉らからコメント到着

 本予告映像では、ひそかに恋心を抱く“先輩”に「明日、東京が爆破されます」と衝撃的な内容を語りかける“私”(永瀬)の声から始まる。その後、場面は巻き戻り冒頭、大学に入学し退屈な日々を送る“私”の様子と、「かくれんぼ同好会」で“先輩”(池田)に出会う様子が描かれる。

 しかし、謎の男“黒服”(柄本)が“私”に「お前はなんで生きてるんだ?」と問いかけるとこれまでの雰囲気から一変。“先輩”への片想い=恋と“黒服”による「真夜中乙女戦争」と名付けられた東京破壊計画=破壊によって“私”が翻弄されていく様子が畳みかけるように描かれる。最後は爆発する東京の夜景という衝撃のシーンも描かれており、「真夜中乙女戦争」そして“私”と“先輩”を待ち受ける結末が気になる映像となっている。

 主題歌はビリーのダークでありながら力強いエモーショナルな歌声と曲調が本作の世界観にマッチ。永瀬、池田、柄本も主題歌決定を受けて「まさかビリー・アイリッシュさんが主題歌を歌う映画に、自分たちが出演することになるとは思ってもいなかった」とコメント。ビリー本人からのコメント映像では、「主人公の“私”を演じる廉さんと皆さんがこの楽曲を楽しんでくれることを願っています」と、オファーを喜んでいる様子だった。

 あわせて解禁となったポスタービジュアルでは、燃え盛る東京の街並みと、傷を負いながらもまっすぐな眼差しをこちらに向ける“私”、ティザーと打って変わって虚ろげな表情で対照的に彩られた“先輩”と“黒服”の表情が採用。“私”の背後に映る、燃え盛る東京を前にした“先輩”の後ろ姿からは終末感が漂う反面「絶望は、光になる。」という希望を感じるキャッチコピーが添えられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ