プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

コンゴの性暴力問題を世界に発信した医師のドキュメンタリー、常盤貴子のナレーションで劇場公開

ドキュメンタリー映画『ムクウェゲ 「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師』2022年3月4日より全国順次公開 (C)TBSテレビの画像

ドキュメンタリー映画『ムクウェゲ 「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師』2022年3月4日より全国順次公開 (C)TBSテレビ

 女優の常盤貴子が、ドキュメンタリー映画『ムクウェゲ 「女性にとって世界最悪の場所」で闘う医師』のナレーションを担当し、2022年3月4日(金)より、東京の新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺ほかにて公開されることが発表された。

【写真】ナレーションを担当する常盤貴子

 アフリカ大陸コンゴ民主共和国東部は、「女性にとって世界最悪の場所」と呼ばれている。その地で、性暴力によって肉体的、精神的に傷ついた女性たちを、20年以上にわたって無償で治療してきた医師がいる。デニ・ムクウェゲ、婦人科医。彼のパンジ病院には年間2500~3000人の女性たちが運ばれてくる。終わることのない治療の日々から「根本的に問題を解決しなければ、永遠に女性たちの治療を繰り返すことになる」とムクウェゲ医師は気づき、この地での女性たちの身に起きている悲劇と、何が原因なのかを世界に向けて発信し始めた。

 コンゴにあるレアメタル、錫などの豊富な鉱物資源。武装勢力によるその地を巡る利権争いが、女性たちの悲劇を生んでいるのだった。誰かの犠牲によって採掘された鉱物が、例えばコンデンサーなど、スマホやPCなどの部品の一部として、紛れ込んでいるかもしれないのだ。

 2018年、医師としての長年の活動を称え、ムクウェゲ医師にノーベル平和賞が授与された。本作は、その彼の闘いの日々を追い、この同じ世界で今起きていること、他人事とは言えない現実を教えてくれるドキュメンタリー。

 TBSが立ち上げたドキュメンタリーブランド「TBS DOCS」の第2弾作品として制作され、今年3月「TBSドキュメンタリー映画祭」で上映されているが、今回公開されるのは、常盤のナレ―ションや音楽など大きくかわった劇場公開版となる。

■常盤貴子のコメント
 この映画を観る前と後では、世界の見え方がまるで変わってしまうだろうな、と思った。遠く縁もゆかりもない国で起きていることだと思われるかもしれない。でも…同じ女性の身に起きていることだと、想像してみてほしい。欲望を満たすためではなく、心と身体を壊すための「レイプ」。自分に一体何が出来るのか。きっと、まずは「知ること」です。先進国に生きる私たちは、この悲劇の要因を作り出してしまっている。立ち止まる責任があるのだと思う。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ