プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

親子の愛情は世界中どこも変わらない 中国全土で大ヒットした映画が日本上陸

中国映画『こんにちは、私のお母さん』(2022年1月7日より公開)(C) 2021 BEIJI NG JI NGXI CULTURE & TOUR ISM CO., LTD. All rights reserved.の画像

中国映画『こんにちは、私のお母さん』(2022年1月7日より公開)(C) 2021 BEIJI NG JI NGXI CULTURE & TOUR ISM CO., LTD. All rights reserved.

 初監督作品にして、「2021年中国興行収入第2位」、「中国歴代興行収入第3位」、全世界興収約937億円で「世界最高の興行収入を獲得した女性監督」の栄誉に輝いたジア・リン監督の映画『こんにちは、私のお母さん』が2022年1月7日より公開される(興行収入は11月11日現在・Box Offi ce Mojo調べ)。

【動画】映画『こんにちは、私のお母さん』予告編

 世界最高の興行収入の座は、先頃、中国で公開されたチェン・カイコー、ツイ・ハーク、ダンテ・ラムの3人の監督による戦争映画『長津湖』に抜かれてしまったが、中国全土で多くの共感を得た本作は、舞台・テレビ・映画で活躍する人気喜劇女優ジア・リンが、亡き母との実話を元に、監督・脚本・主演に初挑戦した作品。

 元気と明るさだけが取り柄で、何をするにもまるでダメで母に苦労ばかりかけていた娘が、母と巻き込まれた交通事故をきっかけに20年前の1981年にタイムスリ ップ。迷惑をかけてきた母の幸せのため、別のお金持ちの男性と結婚させるべく、それがたとえ自分が産まれてこないことを意味したとしても、孤軍奮闘するストーリー。

 監督のジア・ リンが映画のパラレルワールド内でストレートに表現した「最愛の母にしてあげたかった親孝行や、話したかったこと」、日本のZ世代を中心に昭和 レトロが流行ったようにタイムスリップによる1980年の古き良き中国の懐かしくて温かい情景などが、笑いと涙と感動を呼び起こし、大ヒットにつながった。

 撮影時39歳にしてヒロインの高校生を演じたジア・ リンをはじめ、中国版ツイッター微博(ウェイボー)で「2021年度実力俳優」に選出されたチャン・シャオフェイが若き日の母を演じ、喜劇王シェン・トンは劇中でジア・リンと楽しい漫才を披露。タイムスリップによる予測不能と懐かしさ、熱血スポ根ドラマ、母のライバルとの戦い、そして世界中どこも変わらぬ親子の愛情など見どころあふれるジャンルを超えた愛と涙のパラレルワールド・コメディとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ