プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

高校サッカー東京代表2校の主将が意気込み 国立競技場で開幕戦の池田主将「自分達らしいサッカーを」

リモート取材会に出席した(左から)堀越(東京A)の宇田川瑛琉・主将、関東第一(東京B)の池田健人・主将 (C)日本テレビの画像

リモート取材会に出席した(左から)堀越(東京A)の宇田川瑛琉・主将、関東第一(東京B)の池田健人・主将 (C)日本テレビ

 12月28日に開幕する『第100回全国高校サッカー選手権大会』の組み合わせ抽選会が15日、開催された。8年ぶりに国立競技場で行われる開幕戦のカードは、関東第一(東京B)-中津東(大分)に決まった。抽選会後のリモート取材会に、堀越(東京A)の宇田川瑛琉(うだがわ・えいる)主将と、関東第一(東京B)の池田健人(いけだ・けんと)主将が出席し、それぞれ意気込みを語った。

【画像】『第100回全国高校サッカー選手権大会』トーナメント表

 初戦で高知(高知)と対戦する宇田川主将は「高知県を勝ち抜いてきた素晴らしい高校。リスペクトを忘れず、しっかりと一戦一戦集中してやっていきたい」と気を引き締めた。自身のチームについて「選手自らの主体性を生かしたチーム作りの特長を強みに変えて戦いたい」とし、注目選手は11人全員と紹介。「ベンチ含めて全員が主役。一人ひとり責任を自覚しながらピッチ上でプレーできれば」と語った。

 一方、池田主将は開幕戦を国立競技場で行うことに「うれしい気持ちでいっぱいです」と声を弾ませ、「高校サッカーでは初めての試合になる。その大きな舞台で自分達らしいサッカーをして勝ち抜きたい」と心待ちの様子。今年のチームは去年よりも個の能力は高くないとしつつも、「多彩なフォーメーションを使いながら誰が出ても同じサッカーができるのが今年の強みかなと思います」とした。

 最後に今大会の目標として、宇田川主将は「まず大会を開催するにあたって、たくさんの方々が自分たちのためにサポートしてくださっているのを忘れず、恩返しできるよう戦いたい」。池田主将は「関東第一はまだ全国に出て2回戦の壁を超えられていない。その壁を超えて勝ち上がっていきたい」と力強く意気込んだ。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ