プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

映画動員ランキング:『映画 すみっコぐらし~』シリーズ初となる1位を獲得

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』(公開中) (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部の画像

『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』(公開中) (C)2021 日本すみっコぐらし協会映画部

 最新の全国映画動員ランキングトップ10(11月13日・14日、興行通信社調べ)が発表され、先週2位でスタートを切った『映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ』が、土日2日間で動員12万5000人、興行収入1億5400万円をあげ、公開から2週目にして見事シリーズ初となる1位を獲得した。

【画像】2位『エターナルズ』以下の作品

 累計では動員38万人、興収4億6900万円となっており、最終興収15億円に迫るスマッシュヒットを記録した前作を上回る好ペースの興行となっている。19日からは入場者プレゼント第2弾の配布も控えており、さらなる飛躍に期待がかかる。

 先週首位でスタートした『エターナルズ』は、土日2日間で動員9万6000人、興収1億5400万円をあげるもワンランクダウンの2位。しかしながら累計では動員50万人、興収7億円を突破している。

 3位には、土日2日間で動員8万5000人、興収1億1700万円をあげた『そして、バトンは渡された』が先週の4位からワンランクアップ。累計では動員66万人、興収8億円を突破している。

 公開から3週目を迎えた『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア』は、先週の5位からワンランクアップの4位。13日に東京・新宿バルト9で行われた大ヒット舞台あいさつのライブビューイングが全国の映画館で行われており、集客につながった。

 先週3位でスタートの『劇場版 きのう何食べた?』は、土日2日間で動員7万3000人、興収1億600万円をあげ5位にランクイン。累計では動員52万人、興収7億円を突破した。

 新作では、『テン・ゴーカイジャー』が9位に初登場。スーパー戦隊シリーズ第35作となる『海賊戦隊ゴーカイジャー』の10周年を記念したVシネマ作品を、リリースに先駆けて限定公開。出演は小澤亮太、山田裕貴、市道真央ほか。監督は戦隊シリーズを数多く手がけてきた中澤祥次郎が務めている。

 既存作品では、公開から7週目を迎えた8位の『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が累計で動員174万人、興収25億円。10位の『燃えよ剣』が動員77万人、興収10億円を突破している。

■全国映画動員ランキングトップ10(11月13日・14日)
1(2↑)映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ(公開週2)
2(1↓)エターナルズ(2)
3(4↑)そして、バトンは渡された(3)
4(5↓)劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ-星なき夜のアリア(3)
5(3↓)劇場版 きのう何食べた?(2)
6(6→)老後の資金がありません!(3)
7(7→)映画トロピカルージュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!(4)
8(9↑)007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(7)
9(NEW)テン・ゴーカイジャー(1)
10(8↓)燃えよ剣(5)
※11(NEW)アイス・ロード(1)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ