プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『日本沈没』自衛隊の“災害派遣シーン”に反響「とても心強い」「心から誇りに思います」

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBSの画像

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBS

 俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)の第5話が14日、放送された。

【写真30枚】“救世主”ガッツ石松が登場!小栗旬の“号泣”シーンも

 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 第5話では、恐れていた関東沈没は突然始まり、列島へ衝撃が走った。天海(小栗旬)は、妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)、椎名(杏)の母・和子(宮崎美子)らが乗った避難バスが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も入り、急いで現場へ向かった。

 奇跡的に全員が無事で避難所で再会を果たした天海たち。しかし、そこで直面したのは交通網の分断で生じた支援物資の枯渇問題だった。そこで天海は機転を利かせて、日本未来推進会議の石塚(ウエンツ瑛士)と連絡を取り、支援を要請する。そこから間もなくして自衛隊が到着し、被災者たちへ温かい食べ物や簡易お風呂、さまざまな物資が提供された。

 このシーンに視聴者からは「自衛隊が来た時だけでとても心強い」「自衛隊が来た時の安心感が半端じゃなかった。本当の災害の時なら尚更だろう…。心から、自衛隊の方々を誇りに思います」「ありがとう自衛隊。現実世界でも感謝の思いを持たなければ」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ