プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『日本沈没』香織(比嘉愛未)新パートナーと仲睦まじく…「天海が可哀想」「復縁はなし?」の声

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBSの画像

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBS

 俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)の第5話が14日、放送された。

【写真30枚】小栗旬の“号泣”シーン!被災地へ感動の再会

 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 第5話では、恐れていた関東沈没は突然始まり、列島へ衝撃が走った。天海(小栗旬)は、妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)、椎名(杏)の母・和子(宮崎美子)らが乗った避難バスが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報も入り、急いで現場へ向かった。

 奇跡的に全員が無事で避難所で再会を果たした天海たち。その後、災害派遣として自衛隊が到着し、被災者たちへ補給物資が配られた。天海も率先して働き、娘へ温かい食べ物を手渡す。しかし、その天海の目線の先には、新パートナー・野田満(瀧川鯉斗)と仲睦まじい様子で団らんを楽しむ香織の姿が…。

 避難バスに乗り込む前、以前からすれ違いが起きていた香織に離婚届を渡していた天海。別れ際のシーンでは「幸せにな」と声を掛け、仕事のために東京へ戻った。視聴者からは「頑張っていた天海が可哀想に思えるシーンだった」「もう復縁はなし?」「どうにか天海さんが幸せになってほしい」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ