プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドクターX』ついに鈴木浩介演じる原守が登場「加地先生とキャッキャやっています(笑)」

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6話より鈴木浩介演じる原守が復活 (C)テレビ朝日の画像

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第6話より鈴木浩介演じる原守が復活 (C)テレビ朝日

  女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)。18日放送の第6話では、第1シリーズから『ドクターX』に寄り添ってきた鈴木浩介演じる外科医・原守が、ついに帰ってくる。

【写真】新シリーズではパンツタイプのナース服になる今田美桜

 人気キャラクターだが、最新シリーズでは姿を見せなかった原。第4話では、盟友・加地秀樹(勝村政信)もたまらず「原、帰ってこないかなぁ」とこぼし、『ドクターX』ファンの間でも原待望論が高まっていた。

演じる鈴木自身も「僕も早く帰ってきたかったです!」と笑顔。2年ぶりとなる『ドクターX』の現場&原役を心から楽しんでいるそうで、「今回も皆さんのご期待に添えるよう、加地先生ともキャッキャやっています(笑)。そして…、何と言っても、米倉さんの『私、失敗しないので』を2年ぶりに聞けて、鳥肌が立ちました!」と語った。そんな中、今回は鈴木も「想像をはるかに超えていました」という新設定で、原が再登場。後半戦に突入したばかりの最新シリーズをかき乱す。

 これまで、患者の心に寄り添う医療をモットーにする一方、組織にもしっかり寄り添ってきた原。ところが、今回はそんな彼に異変が。前シリーズのラストで「東帝大学病院」をクビになってしまった原だが、その後は一匹狼のフリーランス外科医となり、中国で医療に従事していたことが判明した。

第6話では神原晶(岸部一徳)にスカウトされ、大門未知子(米倉)と同じく「神原名医紹介所」に所属することになる。再登場したそばから、今も変わらず御意社会に寄り添って生きる加地にも冷たく接し、「これからはフリーランスの時代」と豪語する原。彼は本当に変わってしまったのか?

 また、鈴木が再び戻ってきたことで、『ドクターX』ファミリーの士気は一段と上がったという。米倉は「浩介くんとは闇も含め(笑)、いろんな心模様を共有できるので、すごく支えてもらっているし、安心できる存在」と心から信頼。

さらに今回、2年ぶりに一緒に芝居をし、俳優・鈴木浩介の魅力も再認識したそう。「今回改めてご一緒して気づいたんですけど、私は浩介くんの言葉の切り方や、アクセントの置き方が好きなんです。『原先生がいないと、こうはならないな!』という、まるでクミンのようにクセが強いけど、やみつきになる特殊なスパイスが浩介くんのお芝居にはあるんですよ! 勝村さんが劇中で発した『原、帰ってこないかなぁ』という言葉には、俳優としての気持ちも含まれていたんだろうな、と実感しました」と話していた。

■鈴木浩介コメント
 原守はこの10年、常に新鮮な気持ちで楽しく演じてきたキャラクター。第4話で勝村(政信)さんが「原、帰ってこないかなぁ」と言ってくれて、すごくありがたかったです。僕も早く帰ってきたかったです! 正直なところ、『ドクターX』の現場は2年ぶりなので、最初はペースがつかめず、演じながら迷うこともあったのですが、加地先生たちと居酒屋のシーンを撮影したときに「あ、こんな感じだったな」と。皆さんと10年かけて作ってきた空気感の中で、原を演じるときの感覚が戻ってきました。今回も皆さんのご期待に添えるよう、加地先生ともキャッキャやっています(笑)。そして…、何と言っても、米倉(涼子)さんの「私、失敗しないので」を2年ぶりに聞けて、鳥肌が立ちました!

 今回は原がどんな形で戻ってくるのか、僕自身も楽しみにしていました。大門先生と晶さんの“親子のような師弟関係”は僕の琴線に触れるようで、2人のシーンを見るたび泣いちゃうのですが、まさか原も2人がいる「名医紹介所」に所属することになるとは…! 想像を遥かに超えていました。

 原が本当に変わってしまったのかどうか、判断は視聴者の皆さんに委ねたいと思いますが、実を言うと僕自身はまったく原の進化を求めていません(笑)。今回も“患者の心に寄り添う姿勢”を一途に守りながら、演じたいです。また今シリーズの第1話で、一人でオペをする大門先生を見て、とても切なくなったので、これからも原先生なりの距離感で大門先生に寄り添っていこう、と思います。そして、今シリーズではまだ会えていない海老名先生(遠藤憲一)ともぜひ再会したい! 加地先生と3人で、また居酒屋かどこかでわいわいやりたいです(笑)。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ