プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『日本沈没』第5話 冒頭15分で湾岸エリア沈没→収束宣言も… ラストに“不吉な予感”が…

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBSの画像

日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』第5話の場面カット (C)TBS

 俳優・小栗旬が主演を務めるTBS系日曜劇場『日本沈没―希望のひと―』(毎週日曜 後9:00)の第5話(15分拡大)が14日、放送された。

【写真25枚】“救世主”としてガッツ石松が登場!大災害に揺れた日本列島

 原作は幾度となく映像化されてきた1973年刊行の小松左京による不朽の名作SF小説。今回は原作にアレンジを加え、主人公を含むオリジナルキャラクターたちが2023年の東京を舞台に“沈没”という目に見えない危機に立ち向かっていくさまを描く。

 小栗が今作で演じるのは主人公・天海啓示。目的のためには手段を選ばず、時には強引な手法で政策を推し進めてきた野心家の環境省官僚。各省庁の次代を担う精鋭たちを招集した“日本未来推進会議”に環境省代表として参加している中、日本地球物理学界の異端児・田所博士の“ある暴論”を通し、日本が未曾有の事態へと追い込まれていく運命に巻き込まれていく。

 恐れていた関東沈没は突然始まった。首都圏を中心に深刻な打撃を受け、湾岸エリアは水没。甚大な被害が広がり、東山総理(仲村トオル)は総理官邸の災害対策本部から、被災者へ哀悼の意を表し、国民に向け全力の対応を約束した。

 そして、昼夜を徹してデータの検証作業を行っていた田所博士(香川照之)が一つの結論に達する。それは、第二波は来ず“関東沈没は収束した”というものだった。しかし、ラストには田所博士が第二波を匂わせる“不吉な前兆”を感じる…という展開に。

 冒頭約15分で繰り広げられた急展開に、視聴者は「展開が早い!」「目が離せない」「災害の映像がリアルだな」など反応。そして第2章開幕が判明すると「こっからどうなるの!?」「これから本番か…」などの声が寄せられた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ