プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

島崎信長、人生初の“座りアフレコ”体験も「立ってた方がリラックスできる体に…」 声優ならではの“あるあるネタ”

オリジナル短編アニメーション作品『サマーゴースト』の公開記念舞台あいさつに登壇した島崎信長 (C)ORICON NewS inc.の画像

オリジナル短編アニメーション作品『サマーゴースト』の公開記念舞台あいさつに登壇した島崎信長 (C)ORICON NewS inc.

 声優の小林千晃、島袋美由利、島崎信長(※崎はたつさき)、女優の川栄李奈、loundraw監督が14日、都内で行われたオリジナル短編アニメーション作品『サマーゴースト』の公開記念舞台あいさつに登壇した。

【写真】舞台あいさつには、川栄李奈、小林千晃、島袋美由利らも登壇

 島崎は、新しい試みを取り入れた本作の魅力に、すっかりハマってしまったという。舞台あいさつ中も作品への思いをマシンガントークした。さらに“夏の思い出”というテーマでトークをすることになったが、島崎は「これは『サマーゴースト』との出会いです」と言い切ると「もうちょっと作品の話をしたい。で、僕は話が長いから、ここの時間を使ってねじ込んだ(笑)」と笑いながら説明した。

 本作では、リラックスできるようにと座ってアフレコするように言われたという。「普通、アニメのアフレコではやらないんですよ。いい立ち姿勢で、足を肩幅に開いて1番、声が出やすい体勢でやる。既存のやり方や慣習にとらわれないで、表現したいものを追い求めた。そういうものを突き詰めていて、現場に行ってテンションが上がった」と裏話を明かした。ただ、自身は「そう言っている僕は実は声優を長年やっていて、立ってた方がリラックスできる体になってしまった…。僕だけ立ってやっていた。立っていた方が芝居のモードに入れる」と明かし、照れていた。

 気鋭のイラストレーター・loundraw(ラウンドロー)が監督を務め、安達寛高(乙一)が脚本を務める作品。都市伝説としてささやかれる、通称「サマーゴースト」こと佐藤絢音(CV:川栄李奈)は、花火をすることで現れるとされている女性の幽霊。本作では、それぞれに悩みを抱え“生きる意味”を見出すことができないネットを通じて知り合った高校生、杉崎友也(CV:小林千晃)・春川あおい(CV:島袋美由利)・小林涼(CV:島崎信長)の3人が絢音との出逢いにより少しずつ変化していく様子が描かれ、絢音の死にもまた、誰も知らない秘密が隠されているというストーリー。忘れられない“ひと夏の出逢い”の始まりの瞬間を公開に先駆けて見ることができる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ