プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

その他

MDにポケステ、スケルトンブーム…“狂乱の世紀末”を再現した写真に「一番ワクワクしていた時代」

1999年(C)カジコム/kazzycomの画像

1999年(C)カジコム/kazzycom

 令和の時代も早3年を迎え、「平成レトロ」という言葉がよく聞かれるように。「大正ロマン」や「昭和レトロ」など、時代が進むごとに、それ以前のカルチャーやアイテムがリバイバルされ、ブームとなってきた。そんな中で、90年代・80年代のアイテムで空間を構成し、当時の風景を再現しているのが、写真家のカジコム/kazzycomさん。昭和・平成の風景を再現し、雑誌やイベント、MVなどでも活躍している。自身にとって「自由奔放で鮮やかな時代」だったというカジコムさんに、再現写真に込めた想いや、いいことだけとは限らない過去の思い出に触れることの意味を聞いた。

【画像】あなたはどの世代? あの楽曲からマニアックな写真集まで、80~90年代を彩った懐かしきアイテムが集結

■ダイヤル式ブラウン管テレビの滲んだゲーム画面に懐古…「タイムスリップしたかのような感覚」

――80年代90年代のアイテムを収集しはじめたきっかけはございますか。

思い出を形として残したり、昔の記憶を具現化したいという想いがあり、80年代・90年代に存在した思い出のグッズや、忘れかけてしまっていた玩具の保護活動を始めたのがきっかけです。

――MDやポケステ、VHSなどを撮影した1999年を再現した写真には10万いいねもの反響が寄せられています。このようにSNSに投稿するようになったのはいつからでしょうか。また、その理由も教えてください。

2015年頃ですかね、最初は部屋にディスプレイしていた80年代・90年代のアイテムを投稿してインテリアとしての提案をしていました。その後、インテリア雑誌などに掲載されるようになり、80年代・90年代グッズの魅力を伝えていく活動を行なってきました。

――アイテムはどうやって収集されているのでしょうか。また、収集に関してこだわりがあれば教えてください。

当時ブームになったアイテムや、その時期に流行してたファッション、また生活感を感じられるようなものを中心に収集しています。主な入手方法はリサイクルショップやオークションなどです。大体ではありますが、年代で分けて保存・管理しており、雑誌類やカセットテープ、ビデオテープなどはカビが生えないよう対策をきちんとしています。

――その中には今では手に入らないようなレアなアイテムもございますか?

やはり当時の食品や飲料などのパッケージですかね、捨てられてしまうようなアイテムが貴重です。

――最も思い入れのあるアイテムは何でしょうか。それに関するエピソードがあれば教えてください。

80年代当時を再現するために購入したダイヤル式のブラウン管テレビですかね。幼少期にファミコン用にと親からお下がりでもらったのが、70年代のダイヤル式テレビでした。このゲーム画面の滲んだ映りが、当時にタイムスリップしたかのような感覚を呼び起こし、とても懐かしさが込み上げてきました。

■当時にネガティブな感情がある人にも… 「懐かしさ」がもたらす効果とは

――80年代90年代にしかない魅力を教えてください。

80年代90年代は新たなモノやアイディアが生まれた時代であり、また家庭用ゲーム機と共に成長してきたことも、この年代の魅力と感じております。

――SNSでは、1年ごとにその年を象徴する写真を投稿されておりますが、どんなこだわりがあるのでしょうか。

西暦写真シリーズはその時期に発売されたものや、その時期にブームになったものなどを組み合わせております。私が個人的に収集していたものを中心に撮影しているので、思い出のアイテムがほとんどかもしれません。

――より当時の思い出を思い起こすために、撮影で工夫されている点はありますでしょうか。

背景は自分が感じたその年の色を使用したり、またその時代に合わせたようなフィルム加工をおこなっております。より情景をイメージしやすいようにアイテムに偏りがでないようバランスを考慮してます。

――写真にどのような想いを持って撮影されているのでしょうか。

今は、「懐かしむ」というよりは後世にこの80年代90年代の魅力を伝えていけたらと考えてます。

――同じ世代の方からはどのような反響があるのでしょうか。

「懐かしすぎて、涙が出ます」という声や「戻れるならあの頃に戻りたい」、「一番ワクワクしていた時代」など、私の写真を見て、忘れかけてた記憶を思い出したり当時の出来事などを話したりなど楽しまれておりました。また、時代は20年周期でリバイバルブームがあったりするので、逆に若い世代の方は、ファッション的感覚で取り入れたり、当時のアイテムに新鮮さを感じているように感じます。

――一般的に、懐古は「胸が苦しくなる」などと表現されたりすることもありますが、過去の思い出に触れることにはどんな意味があると思われますか。

振り返ることで、中には嫌な記憶や思い出がある方もいると思います。私自身も全ていい思い出ではありません。しかし、当時夢中になれたものや、あの頃の自分が考えていたことなどを振り返ってみると、また新たな発見や気づきがあるかもしれません。「懐かしさ」を感じた後には、少しポジティブな気分に変わることがあるそうですので、私の写真がそんなきっかけになれたら幸いです。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ