プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

マツコ、Creepy Nuts・DJ松永の涙にもらい泣き 熱いHIPHOP&テレビ論「熱量しか人に伝わらないのよ」【概要掲載】

マツコ・デラックス (C)ORICON NewS inc.の画像

マツコ・デラックス (C)ORICON NewS inc.

 HIPHOPユニット・Creepy Nutsが、13日放送の日本テレビ系バラエティー『マツコ会議』(毎週土曜 後11:00)に出演。マツコ・デラックスと、日本のテレビ・HIPHOPの未来を涙ながらに語り合った。

【番組カット】Creepy Nutsの音楽に共感を示したマツコ・デラックス

 日本のHIPHOPの可能性について語るマツコとR-指定に、DJ松永は「日本でHIPHOPが広まったらうれしいと思う反面、日本だとどうしても限界があるなと思っていて」と、かつてフリースタイルダンジョンが爆発的に流行したのと同時に、罵り合いの言葉たちが炎上してきたのを目の当たりにし、限界を感じた胸の内を明かす。

 言葉の殴り合いであるラップが、日本の倫理的なハードルがある限り、これ以上発展することは無理なのではという問いに、マツコが「なんで、アメリカでHIPHOPが根付いているかっていうと、あれがリアルな人が相当数いるわけですよ。日本もそんなにみんなが平和であることを信じる国ではなくなってきて、叫びみたいなものが生まれやすい環境にはなっていると思う。不安感だったり、怒りだったりは以前よりも大きくなってきているから、それをのせるには、HIPHOPがすごく適任だと思っている」と指摘。「HIPHOPがこれ以上大きくならないっていうのは、違うと思う。それはなぜかというと、テレビだからダメなのよ」と切り出した。

 マツコの言葉を聞いていたDJ松永の目から涙が。「ちょっと、わかってくれすぎてうれしい」と思いを伝えると、マツコも「不意だったから、私も涙出てきちゃった。難しいですよ。テレビでやるっていうのは」と涙をぬぐった。R-指定は「あそこで『HIPHOPが聖人君子たちがやっているものじゃないぞ』っていうまでは、伝わらなかったというか。テレビに映っている時点で、どこかそこはクリアしているもんなんやっていうのがあったのか…」と思いを口にした。

 マツコは「でもね、私ね、まだ今ってまだまだ過渡期だと思っていて。それはHIPHOPに対してだけじゃなくて、いろんな表現っていうものに対して。私も相当苦しんだ口なのね。テレビ向きじゃない人間なんで。それをすごいテレビの人たちがテレビに合うようにしてくれて、世の中に出してくれたから、売れたと思っているのね。だから、その部分は感謝しているし、恩返しをするための仕事をやっているけど、それが自分の本質的なものだとはいまだに思ってないから。HIPHOPだけじゃないけど、いろんなものが実はテレビとなじみが悪いって、そういうことだと思うのよね」との持論を展開。

 続けて「昔って、テレビってさ、一言で言えば全部ウソだったんだよ。ウソっていうと言い方が悪いけど、演出が全部かまされたものがテレビだったから。今って、リアリズムみたいなのが求められている中、本当のことをウソっぽく言うのがエンターテインメントなのよ。例えば、誰かの悪口を楽しく言うからエンターテインメントなのよ。だって、人が笑ったりとか心が動くのって、変なことを言っているから動くんじゃん」と吐露した。

 DJ松永は「作り物なのに、本物だって出さないといけないし、受け手側は本物だと思って受け取るから、出る側は消費されるし。絶妙な機微だったり、長文じゃないと説明できない言葉をギュッとかいつままれると、まったく逆の意味になっちゃうリスクがあるから。R-指定みたいに、言葉を丁寧に扱う人はリスクあるな」と涙ながらに告白。マツコが「これは私、崩壊は間近だと思っていて、ここまできてしまったら、エンターテインメント成立しなくなるのよ。世に出て、人に触れて、メジャーになった途端に、表現っていうものがもはや存在しなくなるかもしれないのよ。矢面に立った瞬間に、これはピークなのよ。そこからもう消滅していくものがショーになっている」と冷静に語っていった。

 R-指定の「出た時点で全部気をつけなアカン。人質に取られた感覚で行動や言動を発してしまう」という言葉を受けて、マツコは「すべてがそうなっていると思う。エンターテインメントだけじゃなくて、会社だったり、学校だったり、政治だったり。夢も希望もないこと言うかもしれないけど、私はいっぺん壊れるしかないと思っていて。相当なジャンルが崩壊の後に、また新たに生まれるんだろうなって…」と話した上で、松永の涙を見て「これくらい本気でやっているっていうことですよ…。もうね、でもあんたたちみたいな若い人たちをみるのが一番喜びなんですよ。頑張ってほしいわ、こういう人たちに。伝わるものって、全部熱量ですよ。熱量しか人に伝わらないのよ。すごい回になったわね」と呼びかけた。

 その上で「今編集があるんだから、あとでカットすればいいんだから、言いたいことを言えばいいんだよ。それをキレイに編集した方が絶対に面白い空気は出るし。でも、もう見ていると、みんな言葉を選んで言っているし、そもそも戦いに来ていないし。なんか、通りすがりで台本通りに、なんか食って感想言って帰ればいいっていう人ばっかりだよ。いろいろ考えているのよ。どのタイミングで身を引こうかなって、ずっと考えている」と率直な気持ちを打ち明け、こう締めくくった。

 「本当の大事な魂まで売り出したら、私はたぶん死ぬまでテレビにすがって、哀れな姿をさらし続けて、笑ってもらっているんじゃなくて、笑われて生きるようになるから。最後に絶対売っちゃいけないものを売りすぎ、みんな。自分もけっこう追い詰められているから、あの涙はつらい。本当に嫌だわ。泣いてる意味は各々みなさん勝手に感じてくださっていいんですけど、絶望と希望が入り交じった涙ですよ」

 番組の模様は「TVer」で見ることができるので、出演者たちの表情や思いは映像を通して感じてほしい。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ