プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

秋山真凜、喘息の持病を初告白「湿度と空気がキレイかチェック」 父は元ソフトバンク監督の秋山幸二

喘息の持病を初告白した秋山真凜の画像

喘息の持病を初告白した秋山真凜

 スポーツキャスターでタレントの秋山真凜(25)が喘息の持病に悩まされていると明かした。13日にアップされたYouTubeチャンネル『エアフューチャンネル』で、秋山自ら告白した。

【動画】父は元ソフトバンク監督の秋山幸二!秋山真凜が喘息の持病を初告白

 秋山は元ソフトバンク監督で、“走攻守3拍子そろったスラッガー”として知られた秋山幸二氏(59)の長女。5歳の時からゴルフを始め、沖学園中3年だった2011年には「九州女子アマ」「日本ジュニア」でともに8位に入る活躍を見せた。その後、学業を優先し上智大学国際教養学部を卒業。

 現在は「生島企画室」に所属し、AbemaTVのゴルフ実況やゴルフネットTV『ギア探』、TOKYO FM『DreamShot~輝けゴルファー~』など5番組でレギュラーをつとめ、元アスリートのキャリアを生かし取材に飛び回っている。

 そんな“元気印”の秋山だが、投稿された動画で持病の喘息について初めて語った。司会役のパーソナリティー澤田南(33)から「体調管理で何か気をつけていることはありますか?」と聞かれ、秋山は即座に「やっぱり、一番気になるのは喘息。私の中では大きな課題として残っています」と真顔で答えた。「部屋に入ったら、部屋の湿度と空気がキレイかを必ずチェックしています。何%と数字が出る機械があって、それを寝室に置いて確認してから寝るようにしています。毎晩です」と語った。

 さらに「(その機械を)遠征や出張先にも持っていくんですか?」と聞かれ「なるべく持って行くようにしていますが、湿度で言うと60%近くはないと…。次の日、朝起きたらノドがいつもと違うなと感じちゃうので、それを維持するようにしています」と仕事先でのルーティーンを説明した。

 秋山によると「最初は小児喘息でしたが、大人になっても治りませんでした。特に季節の変わり目や乾燥している時、花粉の時期も辛いです。薬を飲んでゴルフの大会に出るとドーピングに引っかかるので、大変でした。湿度のベストは50~60%です」という。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ