プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

広瀬すず、徹底した食事制限で“ラーメン封印” 『情熱大陸』でみせた減量の裏側

『情熱大陸』に出演する広瀬すず (C)MBSの画像

『情熱大陸』に出演する広瀬すず (C)MBS

 女優の広瀬すずが、14日放送のMBS系『情熱大陸』(毎週日曜 後11:00)に出演する。

【写真】メイク中にも…多忙の合間を縫って取材に答える広瀬すず

 この夏、取材カメラは、主演映画『流浪の月』の役作りに臨む広瀬の姿を捉えた。2020年の本屋大賞受賞作を、李相日監督が映画化する話題作。広瀬が演じるのは、誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)。複雑な環境の中で10代を過ごした更紗という役を理解するため、広瀬は、彼女が過ごした環境に身を置くなどさまざまなアプローチを試みていた。

 一方で李監督から「役柄に合わせて儚げなシルエットに」という注文を受け、トレーナーによる徹底した食事制限により減量を図っていた。大好きなラーメンもしばらくお預け…。

 撮影が始まると、広瀬が纏う空気は一変した。カメラを前にした時の集中力には目を見張るものがある。だが実はこの時、広瀬は女優として大きな壁に直面していた。一つひとつの役に時間をかけて取り組むことができたかつてとは違い、ここ数年広瀬のスケジュールは多忙を極めていた。

 「役を“こなしている”自分がいるのでは」と感じることもあるという。広瀬は、5年前に出演した映画『怒り』の撮影で、李監督から芝居の厳しさを教わった。現場では、生半可な気持ちで役を演じることは許されない。広瀬は、顔全体を覆って型取りをする特殊メイクや、冷たい湖に着衣のまま潜る水中撮影に体当たりで挑んだ。

 広瀬が『流浪の月』の撮影現場で見せた意地そして、1年に渡る長期取材の果てに、語った言葉とは?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ