プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

なにわ男子、大倉忠義プロデューサーからデビュー日に怒られる

大倉忠義プロデューサーからデビュー日に怒られたことを明かしたなにわ男子の画像

大倉忠義プロデューサーからデビュー日に怒られたことを明かしたなにわ男子

人気グループ・なにわ男子(西畑大吾、大西流星、道枝駿佑、高橋恭平、長尾謙杜、藤原丈一郎、大橋和也)がきょう12日、CDデビュー日を迎え、東京・羽田空港の飛行場内にあるJAL格納庫で報道陣向けにCDデビューイベントを開催した。この日は、関西国際空港からチャーター機で降り立った7人。実はプロデューサーの関ジャニ∞・大倉忠義も同行していたそうで、藤原は「僕はきょう怒られました…」とまさかのデビュー日の裏話を明かした。

 朝から大忙しの7人はまず、朝からワイドショーの生中継に出演した後、大阪・万博公園でイベントオープニングとして「僕空~足跡のない未来~」をYouTubeライブ収録。そこから渋滞というハプニングもあるなか関空に直行し、羽田空港に到着した。タラップを降りた7人を出迎えたのは晴れ晴れとした青空と数多くの報道陣。美しくそびえる富士山が見守るなか、デビュー曲「初心LOVE(うぶらぶ)」をフレッシュさ全開で熱唱した。

【写真】飛行機をバックにデビュー曲「初心LOVE」を歌ったなにわ男子

 報道陣に笑顔で手を振った7人。長尾は大倉から「ビートルズのように出ていけと言われました」とにっこり。そんななか藤原は「僕はきょう怒られました。待っている間に、大倉くんがゲームをしていていたずらで電話をかけたら、ゲーム中に電話するな!って怒られて。進んでいたゲームがイチからになったらしいです。でもかっこいいのは『まぁええわ。イチからやり直すわ』って。かっこいい先輩のセリフですよ」と感動しきり。

 これを受け、長尾は「僕たちもきょうからデビューで始まるので、大倉くんもきょうからゲームを新しく始める…」と、うまいことまとめると、藤原も「良いこと言う!」と乗っかり「大倉くんが遠回しにそういうメッセージを僕らに与えてくれました」とニンマリ。西畑は「違うと思うよ!」とツッコまれつつ、藤原は「でも、ゲーム中は電話しない方がいいと思います」と肝に命じていた。

 また、大倉から『こんなグループになってほしい』というメッセージはあったかについて、藤原は「なにわ男子らしく、とはいつも言われます。自分たちらしい個性を忘れずに7人が手を取り合って自分たちにしか出せない色を出す、というのは、ほんまによくライブ前やライブ中にアドバイスでいただいていた」としみじみ。

 その“らしさ”については道枝が「バラエティーのときはわちゃわちゃしてるけどパフォーマンスではジャニーズらしい王道のダンスや歌に変わる。そのギャップがなにわ男子らしさ、なところでもあるのかな」と挙げると、藤原は「キラキラとコテコテの両立。“キラコテ”です」とアピールしていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ