プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

後藤祐樹、母の願いかなえるため『朝倉未来に勝ったら1000万』挑戦 “所沢のタイソン”が極意を伝授

朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』2人目の挑戦者は後藤祐樹に決定(C)Abema TV Inc.の画像

朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』2人目の挑戦者は後藤祐樹に決定(C)Abema TV Inc.

 格闘家の朝倉未来選手が参戦するABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』(20日放送)の2人目の挑戦者が、元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹(35)に決定した。元タレントで懲役5年6ヶ月の実刑判決も受けた人物のまさかの登場に、さまざまなコメントが寄せられている。

【写真】顔出しで応援! 後藤祐樹にエールを送る妻

 国民的アイドル・モーニング娘。の後藤真希の弟として、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった祐樹。EE JUMPとして華々しくデビューしたが、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載され、芸能界を引退。その後、悪の道へ進むことになる。体中に多数のタトゥーを入れ、工事現場から銅線を盗み、07年には強盗致傷で逮捕。懲役5年6ヶ月の実刑判決を受け、川越少年刑務所に服役した。

 出所して以降は改心し、全ての出来事を受け入れて前向きに生活しており、動画では空調設備の仕事に真面目に取り組んでいる現在の姿を紹介。参戦のきっかけとして、自身が刑務所に入っている間に亡くなった母親から「入れ墨を消してほしい」と懇願されていたが、消去には多額の費用がかかるため、今回の賞金で入れ墨を消したいと明かした。

 さらに、ストリートファイトの極意を学ぶために、「逮捕歴13回」「喧嘩約3000戦無敗」という通称“所沢のタイソン”こと久保広海のもとを訪れた後藤。「奇襲。先に行ったほうがいい」と喧嘩の作戦から「頭突きが一番効く」という戦術やエルボーの使いまで伝授された。動画の最後には「出場させていただくからにはかならず勝つつもりで、1000万円取りに行きます」と意気込みを語った。

 決意を込めて参戦を決めた後藤に対して「マジなら応援しまくる!」「ゴマキの弟、人柄が良くてビビった」「感情移入ができるな…」など応援の声が寄せられたほか、「所沢のタイソンに出てほしい」というコメントもあがっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ