プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

2021年度「新藤兼人賞」最終選考の8監督・9作品発表

「新藤兼人賞」故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィーの画像

「新藤兼人賞」故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィー

 日本映画製作者協会が、独立プロの先駆者である故新藤兼人監督の名を冠し、毎年将来性のある新人監督を選出して顕彰する『新藤兼人賞』。26回目を迎える2021年度は、160作品が選考対象となり、最終選考に進んだ監督8人・9作品が発表された。金賞および銀賞の受賞者は11月22日に発表、12月3日に授賞式が行われる。

【写真】昨年の金賞受賞者・HIKARI監督

 同賞は、歴代受賞者のその後の活躍から「現役プロデューサーによる新人発掘の目は間違いない」と新人監督の登竜門として注目される。受賞者には、正賞として故・新藤兼人監督デザインのオリジナルトロフィー、副賞として金賞には賞金50万円ならびにUDCast賞、銀賞には賞金25万円が贈られる。

■最終選考の監督と作品 ※劇場公開順
渡部亮平 『哀愁しんでれら』
竹林 亮 『14歳の栞』
藤元明緒 『海辺の彼女たち』
児山隆 『猿楽町で会いましょう』
松本壮史 『青葉家のテーブル』
松本壮史 『サマーフィルムにのって』
石川梵 『くじらびと』
春本雄二郎 『由宇子の天秤』
小島央大 『JOINT』

■2021年度審査委員会
審査委員長:古賀俊輔(株式会社ザフール)
審査委員:荒木美也子(アスミック・エース株式会社)、宇田川 寧(株式会社ダブ)、永井拓郎(株式会社RIKIプロジェクト)、山本章(株式会社ジャンゴフィルム)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ