プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

C・イーストウッド監督デビューから50年、代表作のリバイバル上映決定

クリント・イーストウッド『クライ・マッチョ』公開記念特別上映ポスターの画像

クリント・イーストウッド『クライ・マッチョ』公開記念特別上映ポスター

 半世紀以上にわたり一線で活躍を続ける名優にして、『許されざる者』『ミリオンダラー・ベイビー』で監督として2度のアカデミー賞に輝くクリント・イーストウッド。初監督作品『恐怖のメロディ』がアメリカ公開されたのは1971年11月12日。監督デビューから50年を迎えた本日、イーストウッドのアニバーサリーを祝う特別企画が発表された。

【動画】『クライ・マッチョ』シネマティック・レガシー特別映像

 監督デビュー50周年作品『クライ・マッチョ』の公開を記念して、12月24日(金)~2022年1月13日(木)の3週間にわたり、イーストウッドが手がけた名作の再上映が決定。公開記念ポスターと特別映像が解禁となった。

 映像には、『許されざる者』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したジーン・ハックマンをはじめ、モーガン・フリーマン、メリル・ストリープ、ケヴィン・コスナーら、名作を共に生み出してきた俳優たちが登場し、「彼は生まれながらにして映画監督なんだ」「本当にすばらしいアーティストよ」「彼が作品の中で描くことに僕たちは敬意を払い 観たいと思うんだ」と賛辞の言葉を寄せている。

 特別上映には、イーストウッド初のアカデミー賞受賞作品となった『許されざる者』(1992年)、頑固な退役軍人と移民少年との心の交流を描く感動のヒューマンドラマ『グラン・トリノ』(2008年)、社会現象を巻き起こして全世界で大ヒットした『アメリカン・スナイパー』(2014年)の3作品がラインナップ。

 『許されざる者』と『グラン・トリノ』は今回が初のデジタル上映となる。さらに、各作品の上映前には、イーストウッドの長年の功績をたどるドキュメンタリー『クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー』から、各作品それぞれの舞台裏をとらえたエピソードが同時上映される。

 このドキュメンタリー映像は、2022年1月7日よりデジタル配信を予定している、傑作の撮影の裏側を記録した9つのエピソードからなるドキュメンタリー『クリント・イーストウッド:シネマティック・レガシー』の内の3本となり、配信に先駆けて劇場の大スクリーンで観ることができる。来場者には「監督デビュー50周年アニバーサリーステッカー」をプレゼント予定(※数量限定につき、無くなり次第配布終了)。

 監督デビューから50年・40作目となる新作『クライ・マッチョ』2022年1月14日公開。落ちぶれた元カウボーイと少年の旅を通して語られる“人生”とは。喜びや悲しみを背負い、なお人生を歩み続ける、生きる上で必要な[強さ]とは何かを温かく、時にユーモラスに時に切なく語りかける。40年前から検討されていた原作の映画化に、イーストウッドが満を持して向き合った本作は、まさに彼の集大成にして新境地。彼が監督・主演を兼任する新たなマスターピースだ。 

■クリント・イーストウッド監督50周年記念作品『クライ・マッチョ』公開記念特別上映
上映劇場:東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマ
上映期間:2021年12月24日(金)~2022年1月13日(木)
上映作品:
「シネマティック・レガシー A Director’s Vision」(2021年※約18分)/『許されざる者』 (1992)

「シネマティック・レガシー Triple Threat」(2021年※約17分)/『グラン・トリノ』 (2008年、PG12)

「シネマティック・レガシー The Heart of a Hero」(2021年※約15分)/『アメリカン・スナイパー』 (2014年、R15+)

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ