プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

宮迫博之の焼肉店、共同経営者のヒカルが撤退 宮迫側から依頼し出資金は全額返済へ、不仲説は否定

宮迫博之 (C)ORICON NewS inc.の画像

宮迫博之 (C)ORICON NewS inc.

 元雨上がり決死隊の宮迫博之が11日、自身のYouTubeチャンネルを更新。焼肉店『牛宮城』のプロデュースについて、人気YouTuber・ヒカルに共同経営者から撤退してもらったと明かした。またヒカルの出資金は責任を持って全額返済するという。

【動画】焼肉屋&”絶縁”説について明かした宮迫博之とヒカル

 同店は10月1日にオープンする予定だったが、試食会で提供された肉の質が低いことをヒカルが酷評。開業が延期となっていた。

 宮迫は、問題となった試食会後に問題を洗い出し、その結果「今の状態でヒカル君と掲げていた『牛牛』のようなコンセプトのお店を作るのは難しいという判断に至りました」と説明。「このまま続けていくと、ヒカル君のブランドを傷つけてしまう可能性が…、すでにいろいろ傷つけてしまっていると思うんです」と切実な思いを吐露した。

 「それは本当に申し訳ないことですし、絶対にしてはいけないことなので、今後このまま続けていって成功するかどうか分からない中、これ以上ヒカル君にリスクを負わせるのは絶対に違うなとチームみんなで話し合った」とし、宮迫側からお願いする形でヒカルに撤退してもらったという。共同経営者として互いに出した資金について、「ヒカル君が出したお金というのは責任を持って全額返済いたします」とした。

 また完全撤退も考えたと言うが、「もともと宮迫チーム主導で動いた牛宮城の失敗がまずあるし、今までも振り返ってみたら達成できてない試みであったり、プロジェクトが多々あって、その中でここで我々も撤退…やめてしまうというのは、途中で投げ出すのは違うんじゃないかと。もっと真剣に向き合ってやり切るべきなんじゃないかとチームみんなで考えました」と説明。

 宮迫自身が人任せにしたことが今回の件を招いたとし、「僕自身がしっかり考え、動いて『牛宮城』という最初のコンセプトは変わってしまうかもしれませんけど、飲食を応援するって宣言した僕が途中でやめてしまうのは違うと思うので、迷惑かけた人たちにも喜んでもらえる焼肉屋さんをつくるために頑張ります」と決意を新たにした。

 またヒカルとの不仲を報じた記事に触れ「けんかしたことはないですし、ヒカル君から『今後とも楽しい動画を撮りたいのでよろしくお願いします』という温かい言葉をもらった」とし、報道内容をきっぱりと否定した。

 ヒカルも同じタイミングで動画をアップ。共同経営者から撤退したことを報告し、不仲説も一蹴した。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ