プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

福本莉子×松田元太『君が落とした青空』来年2月18日公開 制服5ショット&監督から各キャストへのコメント公開

映画『君が落とした青空』制服姿の5ショットが解禁(C)2022映画『君が落とした青空』製作委員会の画像

映画『君が落とした青空』制服姿の5ショットが解禁(C)2022映画『君が落とした青空』製作委員会

 女優の福本莉子と松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)がW主演する映画『君が落とした青空』の公開日が2022年2月18日に決定した。あわせて共演の板垣瑞生、横田真悠、莉子を加えた制服姿の5ショットも解禁された。

【写真】東宝シンデレラグランプリ輝いた際の福本莉子

 今作は全国女子中高生に大人気の小説アプリ『野いちご』で“切ない小説ランキング”第1位を獲得し2012年に書籍化、現在発行部数16万部を記録している櫻いいよ氏の原作をもとに、実写化。“付き合っているのに”、だんだんと恋人・修弥(松田)が何を考えているのかわからなくなっていた実結(福本)。どこか気まずい空気が続いていたある日、彼が目の前で交通事故に遭ってしまう。しかし目が覚めると同じ日の朝に戻っていて…。修弥を救おうと必死に同じ日を繰り返すなかで、彼女だけが知った事実とは。すれ違う二人の恋の行方は…。

 今回解禁されたのは、制服姿のメインキャラクター達が集うグループショット。恋人との関係にどこか不安を抱える主人公・実結を演じた福本と、彼氏・修弥を演じた松田、そしてその実結と修弥に想いを寄せ、恋人がいようとも「好きだ」と真っすぐに向き合う同級生に板垣と横田、実結を常に励まし寄り添う親友を莉子。本作では、想いが複雑に絡み合う高校生たちの姿を、切なく、そして瑞々しく描かれている。

 メインキャストらの印象や撮影時のエピソードをYuki Saito監督に聞くと、福本については“芯の強い女優”と印象を明かす。そして「撮影に挑む姿が、大女優への階段を上っているように見えました」と太鼓判を押した。

 また、今回映画初出演の松田に関しては「主演を演じるのが夢だったといっぺんの曇りもない晴れやかな顔で語り、その感謝と期待に精いっぱい応えようとする姿が、健気でした」と振り返り、「現場で弱音を一切吐かず、常に実結に寄り添い、実結のために全力な姿は男として格好良かったです」と評価。
 
 Yuki監督は「それぞれ特別な個性と輝きを放つ5人が一つのゴールに向かっていく姿が、この映画最大の魅力です。間違いなく次世代を担う俳優陣の今しか見られないきらめきをお楽しみください」と自信をのぞかせている。

■Yuki Saito監督から各キャストへのコメント

福本莉子
「芯が強く、自分を持ってる女優さんです。常に座長としての覚悟を持って現場に居てくれました。全てのキャスト&スタッフが、今日が肝だと思って臨んだ大事なシーンでの撮影。寒い時期、冷たい雨を浴び続けて、どうしても震えてしまう。深呼吸して、気持ちで体をコントロールさせ、本番だけ体の震えをピタリととめて撮影に挑む姿が、大女優への階段を上っているように見えました。誰もが応援したくなる福本莉子ちゃんが実結として全力で生きてくれたからこそ、誰もが応援したくなるヒロインになったと思います」

松田元太(Travis Japan/ジャニーズJr.)
「主演を演じるのが夢だったといっぺんの曇りもない晴れやかな顔で語り、その感謝と期待に精いっぱい応えようとする姿が、健気でした。元太くん自身からあふれ出るパワーが周りの人を元気にさせ、みなを笑顔にさせました。でもそれは誰よりもこの映画とチームを気遣ってくれたからこそできることです。現場で弱音を一切吐かず、常に実結に寄り添い、実結のために全力な姿は男として格好良かったです。松田元太くんが全身全霊で生きてくれた篠原修哉の想いを、スクリーンで受け止めて下さい」

板垣瑞生
「クランクイン最初のカットでいきなり持参のひょっとこを被って芝居してくる瑞生くん。えっ、何してんの?→面白いじゃん→あのひょっとこ効いてるな→実はめっちゃ考えてるな→次は何するんだろう?→今度はこんな役やらせたいな→また板垣瑞生と仕事がしたい!と思わせてくれる向上心旺盛で唯一無二な俳優です」

横田真悠
「タイムリープの世界が唯一通じないトモカを演じた真悠ちゃん。それは実結がどんな行動をとっても、トモカは自分の目標に向かって一直線に進んでいるからです。そんなアクティブで学園の人気者でもあるトモカのカリスマ性は、横田真悠ちゃん自身からかもし出されるカリスマ性だと感じました。頭でも心でもセンス良くお芝居ができるすてきな女優さんです」

莉子
「とても誠実で、その場の空気をパッと明るくすることができる太陽みたいな女優さんです。一番実結の近くで、実結のことを見ているからこそ、実結の行動の変化に素直に反応できるのが佐喜子です。莉子ちゃん自身が人のことを思って丁寧に生きているので、その反応はとてもナチュラルでした。莉子ちゃんの明るさとポジティブさが、この映画の彩りをポップなものに変えてくれたと思っています」

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ