プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

仲里依紗、ド派手な“桃色ミニワンピ”で圧巻オーラ 菜々緒が白旗宣言「勝てないですね(笑)」

白旗宣言した菜々緒とド派手な“桃色ミニワンピ”姿の仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.の画像

白旗宣言した菜々緒とド派手な“桃色ミニワンピ”姿の仲里依紗 (C)ORICON NewS inc.

 女優の仲里依紗(32)が11日、都内で行われた映画『土竜の唄 FINAL』(19日公開)の完成報告会見に出席。青髪が映えるピンクのミニワンピース姿を披露し、登壇者の中でひと際大きな存在感を発揮した。

【全身ショット】滝沢カレンも透けタイツ&美脚チラ見せで登場!

 会見冒頭、ファッションについて触れた仲は「実は(洋服が)2パターンありまして、もう一つはクリスマスツリーのような感じ。今回はシンプルな方を選びました(笑)」と説明。その“シンプルな方”でも十分なインパクトを残し「皆さんビックリしていて『クリスマスツリーにしなくてよかった』と思いました」とちゃめっ気たっぷりに笑った。

 会見にはそのほか、生田斗真(37)、鈴木亮平(38)、菜々緒(33)、滝沢カレン(29)、堤真一(57)、三池崇史監督(61)が出席。黒のシースルドレスで美貌を振りまいた菜々緒だが、仲のド派手衣装を目の当たりにして「仲さんには勝てないですね(笑)。今度、クリスマスツリーの方も見てみたいです」と白旗を揚げていた。

 高橋のぼる氏によるシリーズ累計発行部数947万部突破の大ヒット漫画を三池崇史監督、そして脚本・宮藤官九郎氏によって実写化した同シリーズ。2014年に1作目となる『土竜の唄 潜入捜査官REIJI』が、2016年には原作でも絶大な人気を誇る『チャイニーズマフィア』を描いた2作目『土竜の唄 香港狂騒曲』が公開。いずれも大ヒットを記録。今回が約5年ぶりの新作にして8年におよぶシリーズ完結作となる。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ