プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

BEYOOOONDS、Bリーグハーフタイムショーで2曲熱唱 川崎の逆転勝利に大興奮

B.LEAGUEの川崎ブレイブサンダース対新潟アルビレックスBB戦ハーフタイムショーに登場したBEYOOOOONDSの画像

B.LEAGUEの川崎ブレイブサンダース対新潟アルビレックスBB戦ハーフタイムショーに登場したBEYOOOOONDS

 ハロー!プロジェクトの12人組アイドルグループ・BEYOOOOONDSが10日、神奈川・川崎市とどろきアリーナでプロバスケットボール「B.LEAGUE」の川崎ブレイブサンダース対新潟アルビレックスBB戦のハーフタイムショーに出演し、2曲を熱唱した。

【写真13点】ハーフタイムショー&チームマスコット「ロウル」と記念撮影

 ホームの川崎ブレイブサンダースは3連勝中とあり、チケットは完売。1点差の僅差で前半を終えてハーフタイムショーに突入すると、コートの中央にBEYOOOOONDSの一岡伶奈(22)、島倉りか(21)、西田汐里(18)、江口紗耶(18)、高瀬くるみ(22)、前田こころ(19)、山崎夢羽(19)、岡村美波(17)、清野桃々姫(16)、平井美葉(21)、小林萌花(21)、里吉うたの(21)の12人が登場した。

 バスケットボール観戦が大好きな高瀬が「今日は短い時間ですが、アツい試合を受けてハーフタイムも盛り上げたいと思います!」とあいさつ。デビュー曲「ニッポンノD・N・A!」と、「ビタミンME」の2曲を元気いっぱいに披露し、後半に向けて歌でエールを送った。

 メンバー全員で後半戦をスタンドで観戦。白熱した試合となり、残り10秒で川崎が逆転。82 – 81で川崎が勝利し、チームは4連勝となった。

 高瀬は試合後、「生で試合を見られて、選手や応援している人たちのアツい熱量をものすごく感じ、スポーツの試合ってかっこよくてすてきだなって思いました。ハーフタイムは後半戦がさらに盛り上がっていけるように、精一杯歌いました。コートで歌うことはなかなかないので、とても楽しかったです」と声を弾ませ、「貴重な経験をさせていただき、バスケットボールを通じて前向きな気持ちをいただきました。これからも全員でもっとアツいパフォーマンスを、皆様に届けたいです」と話していた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ