プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『科捜研の女』マリコが土門の靴磨き 沢口靖子×音月桂が美の共演

テレビ朝日『科捜研の女』第4話より (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日『科捜研の女』第4話より (C)テレビ朝日

 女優の沢口靖子が主演するテレビ朝日ドラマ『科捜研の女』(毎週木曜 後8:00)。きょう11日に第4話が放送される。

【写真】いったいなぜ… 大量の野球グローブを持つマリコ

 第4話では、靴だけピカピカに磨き上げられた男性の他殺体が見つかる事件が発生。捜査を進めるうち、靴磨き職人・上杉明里(音月桂)が浮上する。明里は被害者の異母弟の妻で、プロ野球選手だった夫が病死したあと、靴磨き専門店を開業。ひとり息子を育てていた。明里は夫の死後、義兄とは交流がないといい、事件当日は常連客から持ち込まれた靴をずっと磨いていたとアリバイを主張。ところが、被害者の靴から検出されたものと明里の指紋が一致したばかりか、殺害動機があると発覚。はたしてマリコはアリバイを崩すことができるのか。

 事件の謎に挑むマリコは何を思ったか、明里に靴の磨き方を教えてほしいと頼み込み、試しに土門の靴を手入れしてみることに。その行動に秘められたマリコの真意とは。

 疑惑の靴磨き職人を演じる音月は、今回が沢口と初共演。沢口靖子×音月桂の美しすぎる2ショットは必見となっている。はたして、マリコは靴磨きをどう科学するのか。そして、どんな真実を浮かび上がらせるのか。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ