プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ドクターX』“ナースX”役で松下奈緒が出演 今田美桜・正子は封印したはずの津軽弁さく裂

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第5話より (C)テレビ朝日の画像

『ドクターX~外科医・大門未知子~』第5話より (C)テレビ朝日

  女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(毎週木曜 後9:00)。きょう11日に第5話が放送される。

【写真】新シリーズではパンツタイプのナース服になる今田美桜

 第4話では、内科主導の組織改革を目論む内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が、因縁の仲だった外科分院長・蛭間重勝(西田敏行)に院長代理の座を譲ったばかりか、外科&内科統合という寝耳に水の組織改革で合意。第5話から、蜂須賀を本部長に据えた「メディカルソリューション本部」が正式に誕生する。

 その矢先に、究極の戦いも開戦することに。ゲストの松下奈緒が演じる“ナースX”こと、フリーランスのスーパー看護師・那須田灯が登場。「看護師役も手術シーンも今回が初体験。“失敗しないナース”ならではの迅速な器械出しは難しく、何回も練習して撮影に臨みました」という松下が、鮮やかなオペ補佐ぶりを体現する一方、フリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉)を相手にバッチバチの対決を展開する。

 未知子と灯は過去に偶然、とある船内で一緒に急患のオペをしたことがある間柄だが、それは約10年前に一度きり。しかし、灯は圧倒的に不愛想な性格に加え、看護師として超一流の腕を持つナース版・大門未知子で、人の顔と名前をなかなか覚えない未知子にとって忘れられない存在だった。そんな2人は、フリーランスとして数多くの修羅場をくぐり抜けてきた末に、運命の再会を果たすが…。

 「東帝大学病院」に雇われた灯は、スーパー脳外科医・興梠広(要潤)が執刀医を務めるオペに、オペ看として参加するも、手術ミスが発覚。未知子は急いで原因を究明しようとするが、興梠は自分のミスではないと主張。灯も何も語ろうとしない。しかも、この一件によって誘発された理不尽な事件をめぐり、未知子と灯が真っ向から激突する。

 自らの技術と矜持を武器に、力強く生き抜いてきた孤高のフリーランス同士が繰り広げる絶対に譲れない“ドクターX VS. ナースX”の戦い。美しくも激しい2人の対決は必見だ。

 また、今回発覚する手術ミスはもう1つ、まさかの事態を招き寄せてしまう。問題のオペでは最初、灯がオペ看を務めていたものの、興梠の身勝手な指示によって、前シリーズで未知子も「一人前」だと認めた青森出身の頑張り屋看護師・大間正子(今田美桜)が引き継ぐことに。しかも術後、興梠が手術ミスをしたのは正子だと主張し始める。「私、クビになりました」。予告動画で、ファンをドギマギさせている正子の悲痛な告白。第4話で秋田の分院に左遷された海老名敬(遠藤憲一)に続き、正子も憂き目に遭ってしまうのか。手術ミスは本当に正子によるものなのか、それとも…。この事件が導火線となり、正子が第7シリーズでは封印していた津軽弁もさく裂する。心の奥底から絞り出すように叫ぶ言葉とは。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ