プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

青木崇高主演『邪神の天秤 公安分析班』筒井道隆、徳重聡らオールキャスト発表

『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』(2022年2月13日スタート)(C)WOWOWの画像

『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』(2022年2月13日スタート)(C)WOWOW

 俳優の青木崇高が主演する、WOWOWのクライムサスペンス<殺人分析班>シリーズ最新作『連続ドラマW 邪神の天秤 公安分析班』(2022年2月13日スタート、毎週日曜 後10:00放送※第1話無料/配信)のオールキャストが発表された。

【動画】『邪神の天秤 公安分析班』映像初解禁の特報

 これまでに、自ら事件端緒を入手したり、ほかの担当からの情報に基づき事件化する「事件班」の鷹野秀昭役の青木、鷹野と共に捜査をし、協力者エスを扱う「作業班」氷室沙也香役の松雪泰子の出演が明らかになっていた。今回発表されたのは以下のとおり。

 捜査を指揮するリーダー、佐久間一弘役に筒井道隆。全ての公安分析班の行動を把握している佐久間は、インテリジェンス捜査のブレインとして采配を振るう。そこに集められたのは鷹野、氷室を含め計5人の精鋭メンバーたち。徳重聡演じる警部補・ 能見義則は「視察班」で、追尾のスペシャリスト。車両、自転車、徒歩で無線機を使用して追尾する。

 小市慢太郎演じる巡査部長・国枝周造は「指導班」で、公安での長いキャリアを生かし、安全かつ効果的に作業が行われるよう指導する。巡査部長・ 溝口晴人役は福山翔大が演じる。班で最年少の溝口は「IT担当」で、SNS、WEBなどから犯行に 関わる情報を集める。

 ほかにも捜査一課時代の関係者で、今回の事件で鷹野が情報協力者エスとして運営する男・赤崎亮治役を 奥野瑛太。その赤崎の婚約者で、危険な捜査に関わっていることを不審に思い鷹野を問い詰める宮内仁美役を瀧内公美が演じる。

 また、「殺人分析班」シリーズの警視庁捜査一課のおなじみのキャラクターも登場。捜査一課十一係の係長・早瀬泰之役を渡辺いっけいが、課長・神谷太一役を段田安則が演じ、事件の解決を巡って、公安部と刑事部が対立する局面も描かれる。 さらに、前作『蝶の力学 殺人分析班』で 鷹野の元・相棒の姉であり監察医だった 相羽町子も登場。強烈な印象を残した町子を菊地凛子が再び演じる。

 今回、事件現場に遺留品として残された石板のヒエログリフや天秤から、犯人は エジプト神話を引用していることがわかり、鷹野をはじめ佐久間班は捜査を進めていく。秘密主義が蔓延る公安で、鷹野は共に難事件の解決の糸口をつかめるのか? 運命を大きく揺るがしていくことになる。

 併せて本作の初映像解禁となる特報も解禁となった。15年『石の繭』、16年『水晶の鼓動』、19年『蝶の力学』と、殺人分析班シリーズの過去作のスリリングな映像が断片的にたたみかけるように切り替わり、新たな舞台、新たな事件が展開される本作『邪神の天秤』の映像に行き着く。「真実はいずれ明らかにされます」と捜査一課で培った経験で真実の追及に突き進む鷹野と「公安には公安のやり方がある」と公安独自の手法で捜査する氷室。鷹野が感じた「違和感」とは? 解決の糸口を見つけることができるのか?

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ