プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

柳楽優弥、ビートたけし役の重圧語る 役作りで“物まね”習得「松村邦洋さんにご指導いただいた」

ビートたけし役の重圧を語った柳楽優弥 (C)ORICON NewS inc.の画像

ビートたけし役の重圧を語った柳楽優弥 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の大泉洋、柳楽優弥、お笑い芸人・劇団ひとりが10日、都内で行われた『Netflix Festival Japan 2021』に出席。Netflix映画『浅草キッド』(12月9日より世界独占配信)で、若き日のビートたけしを演じる柳楽が役作りについて語った。

【写真】和気あいあい!肩を組み笑顔の柳楽優弥&大泉洋&劇団ひとり監督

 劇団ひとりが監督・脚本を務める『浅草キッド』は、ビートたけしの誕生秘話描いた青春映画。舞台は昭和40年代の浅草。大学を中退し、“お笑いの殿堂”と呼ばれていた浅草フランス座に飛び込み、東八郎や萩本欽一ら数々の人気芸人を育ててきた伝説の芸人・深見千三郎(大泉洋)に弟子入りしたタケシ(柳楽優弥)。師匠・深見との日々、個性と才能にあふれる仲間たちとの出会い、そして芸人・ビートたけしが誕生するまでを描く。

 いまだに現役で第一線に立つ、たけしを演じるとあって「プレッシャー、怖さも感じました」と胸の内を明かした柳楽は「準備段階としてタップダンスをしっかり習ったり、たけしさんの癖を自然に演じられるよう、言い回しや仕草を松村邦洋さんにご指導していただいた。技術的な部分が一番の役作りだったと感じます」と回顧。“たけし節”を完全習得し、劇中で何度も発する「バカヤロー!」のセリフは「たけしさんより言ってると思います!」と笑いながら胸を張った。

 伝説の師匠・深見千三郎を演じる大泉は「いかに柳楽優弥がすごいかって。もう若い頃、こうだったんだろうなって思いましたね。柳楽くんが演じるツービートの漫才を見たときに、僕が子どもの頃に見ていた漫才をそのままやっていたからすごいなと」と絶賛し「これを指導した松村さんもすごい。これは松村さんの映画だと思います!」と太鼓判。これにメガホンをとったひとり監督は「違います、松村さんの映画ではないです。僕も指導しましたから!」と嫉妬心をチラリとみせ、ツッコミを入れていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ