プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

『ハンオシ』第4話で急展開 “豹変”美晴(倉科カナ)にファン注目「何で離婚届!?」「不穏な空気…」

『婚姻届に判を捺しただけですが』第4話の場面カット (C)TBSの画像

『婚姻届に判を捺しただけですが』第4話の場面カット (C)TBS

 女優の清野菜名が主演、坂口健太郎が共演するTBS系連続ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(毎週火曜 後10:00)の第4話が9日、放送された。

【写真15枚】清野菜名×坂口健太郎がキス!?第4話の胸キュンシーン

 同ドラマは、漫画家・有生青春氏による『フィール・ヤング』(祥伝社刊)で連載中、即席の偽装夫婦が織りなす、不意キュンラブコメディーを実写化。おひとり様最高!のイマドキ女子のヒロイン・大加戸明葉を清野、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、30分前に出会ったばかりの明葉に偽装結婚を申し込む、性格難アリのサラリーマン・百瀬柊を坂口が演じる。

 第4話では、偽装夫婦の明葉(清野菜名)、柊(坂口健太郎)、兄夫婦の旭(前野朋哉)、美晴(倉科カナ)の4人で日帰り温泉に向かった。これまで柊が密かに恋心を寄せるものの、兄・旭とラブラブな夫婦生活を送っていた美晴。しかし、旅館で百瀬と2人きりになり、旭と“結婚した本当の理由”を語り始めると、その表情が徐々に変貌する。

 「旭くんとなら、ほころび一つない完璧な家庭を作れる」「こんな女だって知ってガッカリした?」。これまでの天真爛漫なキャラクターから一転して、冷たいまなざしで意味深なセリフを残した美晴。さらに第4話ラストでは、美晴が離婚届を残して旭のもとからいなくなるという展開を迎えた…。

 ファンからは「急にホラーが始まった!?」「めっちゃザワザワするじゃん」「目線が怖い…。これからどうなっちゃうの?」「作品の雰囲気がガラッと変わった」「なんで離婚届!?」「まさかのドロドロ展開?不穏な空気だな…」などの声が寄せられている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ