プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

実写ドラマ『ONE PIECE』メインキャスト、尾田栄一郎特製Tシャツに大興奮

メインキャスト陣が映し出された原作でおなじみの“手配書”=Netflix シリーズ『ONE PIECE』全世界独占配信 / (C)尾田栄一郎/集英社の画像

メインキャスト陣が映し出された原作でおなじみの“手配書”=Netflix シリーズ『ONE PIECE』全世界独占配信 / (C)尾田栄一郎/集英社

 Netflixで実写ドラマ化される日本を代表する漫画作品の一つ『ONE PIECE』。本作で“麦わらの一味”を演じるメインキャスト5人が発表され、Netflix公式SNSにキャスト陣のコメント動画がアップされた。5人は原作者の尾田栄一郎が描いたイラスト入りの特製Tシャツを着て、それぞれ大興奮している姿を見ることができる。

【動画】尾田栄一郎特製Tシャツに大興奮のキャスト陣

 「このシャツを着ている、僕がルフィです」とアピールするのは、モンキー・D・ルフィを演じるのは、イニャキ・ゴドイ。人気ドラマ『そしてサラは殺された』に出演し、注目を集めている超スーパールーキーだ。さらに、「海賊王になるのもとても楽しみ」とコメント。

 ゾロ役には新田真剣佑が抜てきされた。彼は、『パシフィック・リム:アップライジング』(2018年)や『るろうに剣心 最終章』などに出演し、今年9月に実写ハリウッド映画版『Knights of the Zodiac(聖闘士星矢)』で主演を務めることが発表されたことも記憶に新しい。

 ナミ役のエミリー・ラッドは、ホラームービー『フィアー・ストリート』3部作でも注目を浴びた新星。「ナミ役を演じさせてもらえることになり、とてもうれしいです」とカメラに向かった微笑んだ。

 ウソップ役のジェイコブ・ロメロ・ギブソンは、雄叫びを挙げて「海賊王が来たぞーっ!!!」「イエス!イエス!イエス!」と、ソファーの上で飛び跳ねる姿も。サンジ役のタズ・スカイラーも「とてもワクワクしています」とコメントしている。

 メインキャストの選定について、原作&実写ドラマ版のエクゼクティブ・プロデューサーを務める尾田氏は直筆コメントを寄せ、「顔、口の大きさ、手の大きさ、雰囲気、所作、声質、演技力、身長、仲間同志のバランスetc…! 世界各国のスタッフと議論を重ね、決定しました! 彼らこそ“麦わらの一味”になりうる人達です!!」と太鼓判を押している。

 1997年「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載が始まり、先日コミックス100 巻が発売となり、今月21日にはテレビアニメの1000話が放送予定の『ONE PIECE』。長年にわたり世代を問わず、世界中に熱狂的なファンを持つこの作品は、伝説の“海賊王”ゴール・D・ロジャーが残したという【ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)】をめぐり、主人公モンキー・D・ルフィ率いる海賊“麦わらの一味”が冒険へと繰り出す壮大な物語の実写化プロジェクトを載せた船は、期待の風を受けて力強く前進していく。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ