プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

岡田健史の「俺は、好きだな」にドキッ! 自らピアノを演奏した本編特別映像

岡田健史自らピアノを演奏したシーン=映画『そして、バトンは渡された』(公開中)(C)2021映画「そして、バトンは渡された」製作委員会の画像

岡田健史自らピアノを演奏したシーン=映画『そして、バトンは渡された』(公開中)(C)2021映画「そして、バトンは渡された」製作委員会

 女優の永野芽郁が主演、田中圭、石原さとみが共演する映画『そして、バトンは渡された』(公開中)より、岡田健史が演じる天才ピアニスト・早瀬くんの一言「俺は、好きだな」にドキッ!としてしまう本編特別映像を紹介。永野演じる優子と早瀬くんの恋が大きく動き出す場面で、岡田が演奏するピアノも聴くことができる。

【動画】優子(永野芽郁)&早瀬くん(岡田健史)の本編特別映像

 血のつながらない親の間をリレーされ、4回も苗字が変わった主人公・森宮優子。わけあって料理上手な義理の父親、森宮さん(田中)と2人暮らし。そして、夫を何度も変えて自由奔放に生きる魔性の女・梨花(石原)。優子のもとに届いた手紙をきっかけに、2つの家族の物語が交差していき、ラストに解き明かされる命がけの嘘と秘密に号泣する人が続出している本作。

 解禁されたシーンは、卒業式のピアノ伴奏に選ばれた優子が、本人のレベルを確認するため先生と伴奏者が集った中で、久しぶりにピアノを演奏することに。美しく丁寧にピアノを弾いていた優子だが、緊張のせいもあり手が止まってしまう…。続いて同級生の早瀬くんの番になると、ほかの伴奏者に比べて明らかに群を抜いて優れた、天才ピアニストとしても恥じない力強くも軽やかな演奏を披露する。

 早瀬くんのピアノに一瞬で心を奪われた優子は放課後、「凄すぎて私、悔しいこととか全部吹っ飛んじゃった! 私だけ全然弾けなくて、みっともなかったでしょ…」と早瀬くんに思うがまま気持ちを伝える。すると早瀬くんは「いや、一番あのピアノになじんでた。最初の音から柔らかかったし、俺は好きだな」と一言伝え、立ち去っていく。美しいピアノの演奏と、早瀬くんの本音が込められたさりげないフォローに、優子の恋心が動き出す瞬間だ。

 優子のように思わずうっとり見とれてしまう早瀬くんの演奏シーンは岡田自ら演奏。二人はこの卒業式のピアノ伴奏をきっかけに、どれほど仲を深めていくのか?  優子の早瀬くんへの想いは、どのようにつながっていくのか? 二人の恋の行方も見どころの一つとなっている。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ