プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

テレ朝『女系家族』キャスト解禁 寺島しのぶ&水川あさみ&山本美月が三姉妹に

テレビ朝日系ドラマ『女系家族』のキャストたち (C)テレビ朝日の画像

テレビ朝日系ドラマ『女系家族』のキャストたち (C)テレビ朝日

 1963年に山崎豊子によって書かれた『女系家族』。テレビ朝日系で、この冬に2夜連続の大型ドラマスペシャルとして放送される。宮沢りえと寺島しのぶがW主演を務める令和版『女系家族』の個性派ぞろいのキャストが10日、解禁となった。

【写真】宮沢りえ×寺島しのぶで令和に復活する『女系家族』

 大阪・船場で四代続く“女系筋”の老舗木綿問屋『矢島商店』。そこの当主・矢島嘉蔵が亡くなったことで、矢島家ではその莫大な遺産をめぐり、総領娘・藤代を筆頭とした三姉妹の醜くもし烈な争いが繰り広げられようとしていた。そこに突然明らかになる、嘉蔵の愛人・浜田文乃の存在。三姉妹は、姉妹間の壮絶な駆け引きに加え、突然現れた文乃とも対峙することを余儀なくされ、遺産相続争いは思いもよらぬ展開を見せていく。嘉蔵の愛人・文乃を宮沢りえ、矢島家の総領娘・藤代を寺島しのぶが演じる

 矢島家三姉妹の次女・千寿は、コミカルからシリアスまで幅広い役柄をこなす水川が演じる。婿をとっている千寿は、姉である藤代に劣等感を抱き、その思いから藤代を「出戻りの穀潰し」とやゆ。遺産相続争いでは、夫の良吉を操り、少しでも多くの取り分を、と暗躍する。三姉妹の真ん中ゆえの苦悩や引け目を抱える千寿を水川がどのように体現するのか、注目だ。

 そして矢島家の三女、雛子役には山本美月。今作で演じるのは、やや世間知らずで遺産相続争いにも疎い三姉妹の末っ子。「このままでは損をする」と叔母の芳子にたき付けられ、相続争いの渦中へと身を投じていくが。そんな雛子の後ろ盾となる叔母の芳子を演じるのは、押実力派女優の渡辺えり。圧倒的な存在感を示し続ける渡辺が、三女・雛子を巧みに操りながら相続分を手中に収めようとする“女系・矢島家”の陰の実力者を怪演する。

 日本舞踊の師匠で、藤代とは恋愛関係にある梅村芳三郎。藤代から財産分与のことで相談をもちかけられ、旧知の不動産業者を紹介するなど、ともに裏工作を画策する人物を伊藤英明が演じる。そして、矢島家の大番頭・大野宇市の愛人、小林君枝を演じるのは余貴美子。何年にもわたって内縁関係にある宇市から、矢島家の遺産相続にまつわるあれこれを聞くうち、次第にその争いの渦に巻き込まれていくことになる。さらに、水川演じる千寿の婿である良吉役に長谷川朝晴、文乃の自宅の近所にある薬局の奥さん・出目金役には山村紅葉、と個性豊かな俳優陣が名を連ねる。

 そして矢島家に長年大番頭として仕える大野宇市を演じるのは、日本を代表する俳優・奥田瑛二。嘉蔵が亡くなり、遺言執行人として親族を前に遺言状を読み上げるが、その裏でさまざまな裏工作をし、相続問題をますます混沌とさせていく宇市は、実直そうに見えて狡猾な裏の顔を持つ、『女系家族』きってのクセ者。激しい争いを繰り広げる矢島家の面々の中で飄々とした宇市のたたずまいが不気味さをかもし出す。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ