プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

芸能・エンタメ

“千尋”橋本環奈、本田美奈子さん以来の“帝国劇場で初舞台&初主演”「緊張しています」

舞台『千と千尋の神隠し』製作発表会見に登壇した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.の画像

舞台『千と千尋の神隠し』製作発表会見に登壇した橋本環奈 (C)ORICON NewS inc.

 女優の橋本環奈が9日、都内で行われた舞台『千と千尋の神隠し』の製作発表会見に登壇。初舞台で初主演、かつ有名な千尋を演じる思いなどを話した。

【動画】帝国劇場で初舞台&初主演に挑戦!意気込みを語る橋本環奈

 原作は、2001年に公開され、昨年末に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が更新するまで日本の興行収入1位を20年以上も守り続けた宮崎駿監督による不朽の名作。03年には米国アカデミー賞長編アニメーション映画賞を受賞、19年には中国で公開されるなど、世界中で愛されている。

 初舞台が帝国劇場で、かつ主演を務めるというのは、『ミス・サイゴン』(1992年~93年)の本田美奈子.さん以来という橋本。「千と千尋の神隠しは、世界中のみなさんに愛されている作品。演じさせていただくのはすごく光栄なことだと思います。だからこそ、演じるという気持ちではなく、(千尋として)生きていけるようにと思っています」と並々ならぬ決意を口にした。

 初舞台については「右も左も分からない状態ですが、周りのみなさんや(演出の)ジョン・ケアードさんたちの背中を見て、なんでも吸収してまっすぐ向かいたいです。(Wキャストの上白石)萌音ちゃんも隣にいてくれる。この作品で初めてお会いしましたが、ついて行きつつ、みなさんのことを少しでも引っ張っていける存在に変わっていけたら」とさらなる成長を目標とする。

 また「緊張したことがない性格だと思っていたのですが…ここに立って緊張しています。何を話したかは、帰ったら覚えていないと思います(笑)」とプレッシャーもあるという。それでも「有観客でやれると聞き、ほっとしたという気持ちもあり、うれしかったんです。お客さんに生で見ていただき、私も千尋として思いを届けられたら。まだ、どのようになるか想像はできないですが、新鮮に楽しく向かっていけたら」と語った。

 会見には、ハク役(Wキャスト)の醍醐虎汰朗、三浦宏規、カオナシ役(Wキャスト)の菅原小春、辻本知彦、リン・千尋の母役(Wキャスト)の咲妃みゆ、妃海風、釜爺役(Wキャスト)の田口トモロヲ、橋本さとし、湯婆婆・銭婆役(Wキャスト)の夏木マリ、朴ロ美、兄・千尋の父役の大澄賢也、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー、演出補佐の今井麻緒子氏も登壇した。

 公演は、東京・帝国劇場にて、2022年3月2日~29日(2月28日から3月1日にプレビュー公演)。ほか、4月13日から24日まで、大阪・梅田芸術劇場。5月1日から28日まで、福岡・博多座。6月6日から12日まで、北海道・札幌文化芸術劇場。6月22日から7月4日まで、愛知・御園座にて上演される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ