プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

映画・アニメ

俳優仲間にめちゃくちゃ愛されている! 上西雄大監督、舞台あいさつで号泣

舞台あいさつで号泣した上西雄大監督 (C)ORICON NewS inc.の画像

舞台あいさつで号泣した上西雄大監督 (C)ORICON NewS inc.

 俳優、監督・脚本、劇団主宰などマルチに活躍し、国内外の映画祭で受賞歴もある上西雄大監督&主演の映画『西成ゴローの四億円』『西成ゴローの四億円 -死闘篇-』(※二部作)の特別一挙上映を記念して、初日に当たる9日、都内でイベントが実施された。登壇したキャスト陣の“上西監督愛”があふれるイベントとなり、監督はしばらく涙が止まらなくなるほど、男泣きに泣いた。

【写真】津田寛治、松原智恵子らの言葉に涙する上西雄大監督

 上西監督は念願の劇場上映に「きのうから夢のような気がして、思いを持って熱く生きていればこういう日がくるんだな、幸せいっぱいです」と最初のあいさつから感無量な様子。この日は、両作品に出演する奥田瑛二、津田寛治、山崎真実、徳竹未夏、古川藍、『死闘篇』から登場する木下ほうか、加藤雅也、松原智恵子が勢ぞろい。このことからも上西監督の愛されぶりがうかがえる。主演も務めた上西監督は「尊敬して、憧れている方々とお芝居できて、死んでもいいかなってくらいの喜びでした。すごい高揚感に包まれていました」と大きな体を小さくして、キャストに囲まれていた。

 主人公・ゴローの最大の敵となるフィクサー役で主演した奥田は、劇中で着ていた衣装で登壇。撮影時から気に入っていたそうで、クランクアップ後、上西監督から「お持ち帰りください」と譲ってもらい、「舞台あいさつにはこれを着ていく」と決めて、この日まで大事にしまっておいたことを明かした。

 今回の2作を含めて計4本の上西作品に出演している津田は「どれも劇場公開されず、やっとここにきて上西組の一人だといえる映画が公開されてすごくうれしいです」と、笑顔で話した。劇場公開されなくても一緒に作品を作り続けてきた津田の上西監督への信頼は本物だ。

 映像集団テンアンツで上西監督と一緒に活動してきた徳竹は、奥田や津田のコメントを聞いて「感無量」と泣き出し、その後、ろくに話せなかったほど。同じく古川も「ここまで連れてきてくれた上西監督、ありがとうございます」と感謝していた。

 松原と津田から監督へ直筆の手紙を朗読するサプライズも。女優業60年の松原は「少し乱暴な関西弁をつきっきりでご指導いただきありがとうございました」などと楽しげに読み上げた。津田は「上西さんとお芝居させていただいているときが一番楽しいです。芝居をしている上西さんの目には相手へのとてつもない愛情があります」などと思いの丈を打ち明け、上西監督の涙腺は決壊。泣き崩れるように「ここまで僕を推して一緒に旅してくれた仲間やお力添えいただいた皆さんに心から感謝申し上げます。松原さんと津田さんの手紙は死んだら棺桶に入れてください」と絞り出すと、松原が「私の方が先ですから」と明るい声をかけて場を和ませるという愛されぶりだった。

 『西成ゴローの四億円』は、大阪・西成を舞台に、闇の世界や人間の情の力を根底に、家族のために大金を稼ごうと必死に抗う男の生き様を、所持金や貯蓄額といったお金の流れを通じてもリアルな人間模様を映し出すマネー・クライム・エンタテインメント。本日よりTOHOシネマズシャンテにて特別先行一挙上映後、来年、全国で順次公開される。

 なお、本日のイベントの模様は、あす10日午前10時より映画公式YouTubeチャンネルで配信される。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ