プレゼント・クーポンPRESENT COUPON

フェリアSNSSOCIAL

音楽

純烈に強力ライバル現る 元戦隊ヒーローたちが“敏いとうとハッピー&ブルー”を継承

エールを交換した純烈(左4人)と新☆(SHINSEI)敏いとうとハッピー&ブルー(右6人) (C)ORICON NewS inc.の画像

エールを交換した純烈(左4人)と新☆(SHINSEI)敏いとうとハッピー&ブルー(右6人) (C)ORICON NewS inc.

 往年の歌謡コーラスグループを受け継ぐ6人組“新☆(SHINSEI)敏いとうとハッピー&ブルー”が9日、第1弾シングル「昭和パラダイス」(24日発売)のお披露目会を都内で行った。

【写真】ライバル出現に戦々恐々? 先輩グループの応援にかけつけた純烈

 敏いとう(81)がリーダーを務め、昭和に「わたし祈ってます」「星降る街角」「よせばいいのに」などのヒットを生んだ“敏いとうとハッピー&ブルー”を継承。新リーダーの宍戸マサル(53)、統括役の田丸栄作(68)が中心となり、和田圭市(53)、信達谷圭(53)、土屋圭輔(48)、佐藤文則(53)を加えてフレッシュな顔ぶれに。

 6人のコーラスで「昭和パラダイス」と「星降る街角 2021」を披露。宍戸は「敏いとうさんから正式な継承のグループとして公認いただき、スタートさせていただくことになりました」とあいさつし、新曲を「コロナ禍で明るいニュースがないなか、昭和の豊かな時代を思い出してほしい」とアピールした。

 6人中4人が戦隊ヒーロー出身という顔ぶれ。宍戸は『超力戦隊オーレンジャー』オーレッド役、和田は『五星戦隊ダイレンジャー』リュウレンジャー役、土屋は同キリンレンジャー役、信達谷は『地球戦隊ファイブマン』ファイブブルー役を演じたとあって、同門の後輩グループ・純烈が祝福にかけつけた。

 純烈のリーダー・酒井一圭(46)は「僕らの次の歌謡グループがなかなか出てこず、出てきたと思ったら先輩かよ!」とツッコミ。また、“敏いとうとハッピー&ブルー”時代を通して『NHK紅白歌合戦』への出場がないことから、「紅白に3回出ている僕らの方が先輩かな」と笑いを交えて、エールを送っていた。

ORICON NEWSは、オリコン株式会社から提供を受けています。著作権は同社に帰属しており、記事、写真などの無断転用を禁じます。

こちらの記事もどうぞ